【GW】東京初寄港の北方四島交流使用船「えとぴりか」 | RBB TODAY

【GW】東京初寄港の北方四島交流使用船「えとぴりか」

エンタメ その他

新船「えとぴりか」アドベンチャー
  • 新船「えとぴりか」アドベンチャー
  • えとぴりか
  • 昨年行われた試乗会の様子
 北方四島交流等事業使用船舶「えとぴりか」が4月28日と29日の2日間、江東区有明の多目的ふ頭で一般公開される。東京には初寄港で、クイズラリーや抽選会、撮影会などが行われる。入場は無料。

 北方四島の交流は、北方領土問題解決に寄与することを目的として行われている。「えとぴりか」は昨年、新船として北海道根室市で一般公開された。今回は東京に初寄港を記念して、さまざまなイベントが行われる。

 「えとぴりか」は、全国2,469件の応募から決定した船名。根室半島や北方四島の海域に生息する海鳥の名前で、オレンジ色の口ばしにクリーム色の飾り羽を持ち、真っ白な美しい顔を持つ。また、「ピリカ」はアイヌ語で「美しい」という意味で、船舶のイメージとマッチしたという。

 今回は一般公開イベントとして、「新船 えとぴりかアドベンチャー」を行う。船内探検やクイズラリー、船長の制服を着た記念撮影、北方領土を紹介するビデオを放映する。

 入場は無料。会場は国際展示場ビックサイトの裏側になる。

◆新船「えとぴりか」アドベンチャー
日時:4月28日(日)、29日(月・祝)12:00~16:00
会場:多目的ふ頭(江東区有明3-22)有明西ふ頭公園奥
参加費:無料
主催:独立行政法人北方領土問題対策協会

【GW】東京初寄港の北方四島交流使用船「えとぴりか」4/28・29一般公開

《田中 志実》

関連ニュース

特集

page top