トヨタ、北京で交通流シミュレータの実証実験 7月 | RBB TODAY

トヨタ、北京で交通流シミュレータの実証実験 7月

ブロードバンド テクノロジー

トヨタ自動車(イメージ)
  • トヨタ自動車(イメージ)
  • 北京市内の幹線道路。(参考画像)
トヨタ自動車とトヨタ自動車研究開発センター(中国)は、北京市交通委員会の支援の下、北京航空航天大学、北京世紀高通科技の4者共同で、2013年7月より交通流シミュレータを活用した実証実験プロジェクトを実施することに合意した。

実証実験では、車載ポータブルナビとETC車載機を一体化した「知能ETC端末」とスマートフォンアプリを通じて、「経路別の所要時間案内情報の提供」や「空いている高速道路の高速料金割引とその情報提供」等を実施し、混雑している高速道路から空いている別の高速道路へ車の誘導を行う。さらには、実証実験で取得したデータに基づき、交通流シミュレータの精度を改善、交通渋滞緩和への有用性の検証を行い、将来的には都市計画サービスとしての活用を目指す。

4者は2011年7月より交通流シミュレータを用い、交通渋滞緩和を目的に、北京市の交通状況を予測する技術の共同研究を行ってきた。今回、この研究成果を基に、実用化に向け、実証実験を実施することにした。

トヨタ、北京で渋滞緩和に向けた交通流シミュレータの実証実験を7月に実施

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top