自動車の衝突回避「自動ブレーキ」、購入時に選択したい人は約8割 | RBB TODAY

自動車の衝突回避「自動ブレーキ」、購入時に選択したい人は約8割

 自動車業界の新たなトレンドとして「自動ブレーキ」に対する認知や興味が拡大している。ダイハツ工業は22日、「自動車の安全機能に関する意識調査」の結果を公表した。調査期間は3月5日~11日で、全国の自動車購入意向のある20代~60代男女300名から回答を得た。

エンタメ 調査
あなたは衝突回避支援システム(自動ブレーキ)に、どの程度興味をお持ちですか。また、あなたがいま購入を検討しているクルマに、つけたいと思いますか
  • あなたは衝突回避支援システム(自動ブレーキ)に、どの程度興味をお持ちですか。また、あなたがいま購入を検討しているクルマに、つけたいと思いますか
  • 自動車の安全機能の認知率「衝突回避支援システム(自動ブレーキ)」
  • 自動車の安全機能の認知率「SRSエアバッグシステム」
  • 自動車の安全機能の認知率「バックモニター/サイドブラインドモニター/アラウンドビューモニター」
  • あなたは衝突回避支援システム(自動ブレーキ)について、「高額で贅沢なシステム」と思いますか
  • 衝突回避支援システム(自動ブレーキ)の搭載を選択する際、どのような条件が必要だとお考えですか
  • あなたは衝突回避支援システム(自動ブレーキ)について「手頃な価格であれば積極的に付けたい」と思いますか
  • 衝突回避支援システム(自動ブレーキ)をつけるとして、いくらならつけても良いと思われますか
 自動車業界の新たなトレンドとして「自動ブレーキ」に対する認知や興味が拡大している。ダイハツ工業は22日、「自動車の安全機能に関する意識調査」の結果を公表した。調査期間は3月5~10日で、全国の自動車購入意向のある20代~60代男女300名から回答を得た。

 まず、自動車の安全機能として、「衝突回避支援システム(自動ブレーキ)」「SRSエアバッグシステム」「バックモニター/サイドブラインドモニター/アラウンドビューモニター」の認知率を聞いたところ、「衝突回避支援システム(自動ブレーキ)」の認知率が94.7%でトップになった。「SRSエアバッグシステム」は92.7%、「バックモニター/サイドブラインドモニター/アラウンドビューモニター」は89.7%で、いずれも9割前後となっている。

 そこで、いま購入を検討しているクルマに、この衝突回避支援システム(自動ブレーキ)をつけたいと思うかどうかを尋ねると、78.7%が「つけたい」と回答。「興味がある」とした人は94.7%にのぼった。一方で、衝突回避支援システム(自動ブレーキ)に対して“高額で贅沢なシステム”だと感じている人は62.0%だった。

 実際、「衝突回避支援システム(自動ブレーキ)の搭載を選択する際に、求める条件」を聞いてみると、「価格が手ごろであること」が58.1%でもっとも多かった。なお「いくらなら搭載を選択するか」という問いに対しては「10万円程度」が26.7%でもっとも多かった。

 この調査結果から、9割以上が基本装備のひとつとして「自動ブレーキ」を認識していることが見て取れる。今後の普及には、低価格化がカギとなるだろう。衝突回避支援システム(自動ブレーキ)はすでに日本の自動車メーカー各社で採用されているが、軽自動車ではダイハツ『ムーヴ』が、搭載していないグレードと5万円(税抜き)の価格差で発売しており、軽自動車で初めての搭載となっている。今後、より身近な存在になりそうな動きには要注目だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top