ミニ四駆ジャパンカップ、2013年コースがすごい!! | RBB TODAY

ミニ四駆ジャパンカップ、2013年コースがすごい!!

 タミヤは22日、“世界最少のモータースポーツ”を自称する『ミニ四駆』の、2013年以降の新製品・イベント企画を発表した。

エンタメ その他
タミヤ・ミニ四駆『ブラストアロー』
  • タミヤ・ミニ四駆『ブラストアロー』
  • タミヤ・ミニ四駆ジャパンカップ、スーパークライムサーキット2013
  • 夏にむけてのスペシャルアイテム。タミヤ・ミニ四駆、エアロアバンテ レッドスペシャル(ARシャーシ)
  • 夏にむけてのスペシャルアイテム。タミヤ・ミニ四駆、アバンテMk IIIネロ クリヤーバイオレットスペシャル(MSシャーシ)
  • 夏にむけてのスペシャルアイテム。タミヤ・ミニ四駆、エアロサンダーショット ジャパンカップ2013リミテッド(仮称)
  • 夏にむけてのスペシャルアイテム。ポータブルピット J-CUP 2013(仮称)
  • 夏にむけてのスペシャルアイテム。19mmアルミベアリングローラー J-CUP 2013(オレンジ)
  • 夏にむけてのスペシャルアイテム。ハイパーダッシュ2モーター J-CUP 2013スペシャル
 タミヤは22日、“世界最少のモータースポーツ”を自称する『ミニ四駆』の、2013年春以降の新製品・イベント企画を発表した。

 まず「ミニ四駆PRO」シリーズに、新型マシン『ブラストアロー』が登場する。駆動効率を向上させた「MAシャーシ」を採用し、組み立てやすさやパーツ装着の拡張性も考慮した。空気抵抗を少なく、各部の冷却も考え抜かれたエアロデザインシャーシに、実車のプロトタイプレーシングカーをイメージしたボディデザインを乗せる。現時点ではイラストのみの発表で、発売日、価格など詳細は今後発表される。

 昨2013年、約1万人の集客を達成した「ミニ四駆ジャパンカップ」が2013年も開催される。6月下旬~10月下旬に全国14会場(地方予選13会場+チャンピオン決定戦1会場)で競われる。ジャパンカップでは、全長213mの起伏に飛んだテクニカルサーキット「スーパークライムサーキット2013」が使用される。30度の急坂を斜めに駆け上がり、マシンのパワーとスピードを一気に奪うコース中盤の“スーパーデルタバンク”が注目セクションだ。夏にむけてのスペシャルアイテム、ジャパンカップ関連アイテムも続々登場する予定。

 2013年はプロモーション活動も強化する。夏にはミニ四駆をテーマにしたTV特番が放映される。ミニ四駆ムック本の発売、また他業種とのコラボレーションアイテムの発売など、ミニ四駆の媒体露出を強化する。

 22~29日には、東京・新橋にあるタミヤオフィシャルショップ「タミヤプラモデルファクトリー新橋店」にて、「ミニ四駆フェア2013」を開催する。期間中は今春以降に発売予定の新製品や関連情報の発表・展示の他、ミニ四駆工作教室やスペシャル競技会など、各種関連イベントを展開、ショップでは特別販売も実施する。

 同フェア初日の22日には、プレス、メディア関係者限定のイベントとして「ミニ四駆プレスミーティング」が開催された。メディア対抗戦には16媒体24台が参加、優勝は『ケイ・ホビー』の穂積選手だった。

 対抗戦は1対1のトーナメント。『RBB TODAY』は1回戦を勝ち抜いたものの、2回戦で準優勝の『週刊ヤングジャンプ』中村選手にあたって敗退した。……と書くと善戦したようだが。1回戦は2台ともコースアウトしたため再戦。ウェイトを積み増し安定させて完走を狙ういっぽう、相手が再びコースアウト、これで『RBB TODAY』は1回戦勝利。しかし登坂能力が低下したため、2回戦では電池をより新しいものに交換、速度が上昇し再度コースアウトでリタイアした。第1走と同じ場所だった。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top