ダルビッシュ、侍ジャパン無念の敗退に「仕方ないですね。本当にお疲れ様でした!」 | RBB TODAY

ダルビッシュ、侍ジャパン無念の敗退に「仕方ないですね。本当にお疲れ様でした!」

エンタメ スポーツ

奮闘した侍ジャパンを労ったダルビッシュ有
  • 奮闘した侍ジャパンを労ったダルビッシュ有
  • 敗退した侍ジャパンについてコメントしたダルビッシュ有のツイート
 侍ジャパンの3連覇の夢は叶わなかった――。WBC日本代表は17日(現地時間)に米サンフランシスコで行われたプエルトリコとの準決勝に1-3で敗退。惜しくも決勝進出を逃した。無念の敗退となった侍ジャパンに、テキサスレンジャーズのダルビッシュ有はTwitterを通じて労いの言葉を寄せている。

 過去2大会連続の覇者・日本は、初のベスト4進出となったプエルトリコの挑戦を退けることができなかった。日本は今大会2勝を挙げている前田健太を先発に起用してのぞんだが、制球に苦しむ右腕は初回、一死から連続四球を与えると、プエルトリコの5番・アビーレスに中前適時打を浴びて先制点を献上。7回には2番手・能見が6番・リオスに2点本塁打を被弾され0-3とされた。打線の援護は8回、一死から鳥谷が三塁打を放つと、続く井端の右前打でようやく1点を返したが、走塁のミスなども重なり追加点はならず。王者の貫禄を見せつけることはできなかった。

 試合終了とともに、日本のファンからはため息がもれた。試合の模様をインターネットでチェックしていたというダルビッシュは、日本の敗退に「惜しかった。。明後日まで試合をして欲しかったですが」と悔しさもにじませたが、「仕方ないですね。 本当にお疲れ様でした!」と、開催前から人事で揺れ、選手たちの調整の遅れもあって不安だらけだったチームの事情をおもんばかるとともに、3大会連続で決勝トーナメント進出を果たした奮闘を称えた。
《花》

関連ニュース

特集

page top