三谷幸喜が「第8回 渡辺晋賞」受賞 | RBB TODAY

三谷幸喜が「第8回 渡辺晋賞」受賞

エンタメ 映画・ドラマ

授賞式でスピーチする三谷幸喜氏
  • 授賞式でスピーチする三谷幸喜氏
  • 青木さやかさんが花束贈呈
 「第8回 渡辺晋賞」を三谷幸喜氏が授賞し、都内で授賞式が行われた。渡辺晋賞は、エンターテインメント業界で活躍する新しい感性のプロデューサーを表彰するもの。これまで松浦勝人氏、秋元康氏、三枝成彰氏らが受賞している。

 三谷氏は「ずっと好きなことをやり続けてきて、今ここに立てています。刑事コロンボが大好きで『古畑任三郎』に繋がって、新選組と大河ドラマが大好きで大河ドラマ『新撰組』に繋がりました。また、子供のころから柴田勝家や丹羽長秀といった武将が好きだったのですが、そこから、柴田勝家が主演の、今年公開の『清州会議』という映画に繋がりました。日頃、えらくならないこと、権威的になりすぎないことを心がけており、エキストラ含め役者や俳優・スタッフには敬語で話しており、また、あまりひけらかしたくないので公式プロフィールには受賞歴を載せていない私ですが、今日いっぱいは、渡辺晋賞を受賞したことを自慢したいと思います」とコメント。

 また、三谷幸喜氏翻案・演出の舞台「桜の園」に出演した縁で、タレントの青木さやかさんが花束贈呈。「三谷さんは先生で、私の友達で、私のとても好きな人です!本当におめでとうございます!」と祝いのメッセージをおくった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top