スマートフォンなどでテレビ視聴、小型化図った「SLINGBOX 350」 | RBB TODAY

スマートフォンなどでテレビ視聴、小型化図った「SLINGBOX 350」

IT・デジタル 周辺機器

設置面積が61%小さくなった「Slingbox 350」
  • 設置面積が61%小さくなった「Slingbox 350」
  • アナログ入力1系統、出力1系統などを装備する
 イーフロンティアは、外出先でもスマートフォンなどを利用してテレビ番組が視聴可能な「Slingbox 350」を発表した。発売は3月22日、価格は19,800円。

 テレビ番組や録画映像をインターネットを介してPCやスマートフォン、タブレットへ転送するネットワークテレビ転送機器。従来の「Slingbox PRO HD」からサイズを小さくし、さらに価格を1万円近く下げた。設置面積が61%小さくなり、画質はフルHD対応の1080pに向上した。

 プレーヤーとして視聴ができるのは、PC(Windows/Mac)、iPhone/iPod touch/iPad/Android OSのスマートフォン、タブレットなど。PCの場合はWebブラウザ、iOS/Android端末では別売りの専用アプリ「SlingPlayer」を購入する必要がある。アプリの価格はiPhone/iPad版は1,300円、Android版は1,099円。

 インターフェースはアナログ入力1系統、出力1系統、D端子アナログ出力などを装備。本体サイズは幅180mm×奥行110mm×高さ45mm。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top