日本エイサー、タブレット「ICONIA W510」のキーボードドックを単体でオプション販売 | RBB TODAY

日本エイサー、タブレット「ICONIA W510」のキーボードドックを単体でオプション販売

 日本エイサーは1日、Windows 8搭載タブレット「ICONIA W510シリーズ」向けのキーボードドックのオプション販売を開始した。価格はオープンで、予想実売価格は15,000円前後。

IT・デジタル 周辺機器
「ICONIA W510」にキーボードドックを装着し、ノートPCとして利用できる
  • 「ICONIA W510」にキーボードドックを装着し、ノートPCとして利用できる
  • キーボードドック単体
 日本エイサーは1日、Windows 8搭載タブレット「ICONIA W510シリーズ」向けのキーボードドックのオプション販売を開始した。価格はオープンで、予想実売価格は15,000円前後。

 「ICONIA W510」は580gの超軽量10.1インチタブレットで、キーボードドックを装着すれば約18時間のバッテリー駆動を実現するノートPCになる。これまでは「ICONIA W510」とキーボードドックをセットにした「W510D」というモデルを発売していたが、キーボードドック単体でオプション販売する。

 キーボードドックの内蔵バッテリで9時間の駆動が可能。「ICONIA W510」本体のバッテリと合わせて18時間の使用を可能にする。サイズは幅258.5mm×高さ186.5mm×奥行9.9mm。「ICONIA W510」にドック装着した際の重量は約1.26kg。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top