【MWC 2013 Vol.21】イタリア製のAndroid搭載スマートウォッチ「I'm Watch」 | RBB TODAY

【MWC 2013 Vol.21】イタリア製のAndroid搭載スマートウォッチ「I'm Watch」

IT・デジタル モバイル

【MWC 2013】スマートウォッチ時代の幕開け? イタリア製の「I'm Watch」
  • 【MWC 2013】スマートウォッチ時代の幕開け? イタリア製の「I'm Watch」
  • 様々なカラーバリエーションが用意されている
  • ブルー
  • レッド
  • ブラウン
  • iPhone5とサイズを比較
  • 沢山の人がブースに訪れていた
  • スマートウォッチ市場の幕開けなるか?
イタリアのi'm SpAが開発・販売しているAndroidを搭載したスマートウォッチ「I'm Watch」がMobile World Congressの同社ブースにて展示されていました。

「I'm Watch」はAndroid 1.6を搭載し、電話はもちろん、メール、画像閲覧、天気予報、スケジュールなど画面は小さいもののスマートフォンと同等の機能を搭載。ソーシャルネットワークのフェイスブック、ツイッター、インスタグラムも最初からインストールされています。更に、専用のアプリストア「I'market」から対応アプリケーションを追加でダウンロードすることも可能です。Androidですから、自分でアプリケーションを開発する事もできます。

アップルが「iWatch」を開発中という噂もあり、にわかに脚光を集めてきたスマートウォッチという存在。携帯電話以上に常に身に着けているデバイスである腕時計は確かにインターネットに常時接続されることで、パーソナルな情報ハブになり得ます。ブルートゥースでスマートフォンと連携し、電話の着信を知らせ、「I'm Watch」でも、スマートフォンでもどちらでも会話ができる、というような機能もあるようです。ランニングなど運動管理にスマートフォンを利用する方も増えていますが、MWCに合わせて「I'm Sport」というアプリケーションを新たに発表。運動管理にも便利になりました。

イタリア製ということもあって、デザインはなかなか洒落ていますし、幾つかのカラーバリエーションがあるため好みに応じて選ぶことができます。サイズも通常の腕時計と比べてさほど大きいわけでもありませんので、実用に耐えうるように思えました。



「I'm Watch」は現在販売中で、日本円では3万5000円から。カラーバリエーションも多彩に用意されています。

【MWC 2013】スマートウォッチ時代の幕開け? イタリア製の「I'm Watch」

《土本学@INSIDE》

関連ニュース

特集

page top