NEC、家庭用蓄電システムを甲府で量産開始……相模原事業場から移行 | RBB TODAY

NEC、家庭用蓄電システムを甲府で量産開始……相模原事業場から移行

エンタープライズ ハードウェア

NECの家庭用蓄電システム(外観)
  • NECの家庭用蓄電システム(外観)
  • コントローラー、操作パネル
  • 設置イメージ
  • 家庭用蓄電システム「ESS-H-002006B」の主な仕様
 日本電気(NEC)は14日、NECコンピュータテクノ甲府事業所(NECT甲府)において、電力系統連携型の家庭用蓄電システムの量産を開始した。

 NECは、家庭用蓄電システムを2012年3月に商品化、7月よりNEC相模原事業場にて生産、出荷を行っていた。一方、NECT甲府においては、サーバをはじめとするコンピュータ機器の生産を行っていた。

 今回、NECT甲府に量産用のラインを新設し、年産1万台の体制で生産を開始したとのこと。今後は、生産ラインを1ライン増設し、2013年度下期に、計2ラインで年産2万台に拡大する計画だ。さらに、横浜スマートシティプロジェクト向け、イタリア大手電力会社ENEL向けなど、中型・大型の蓄電システム実証機の生産もNECT甲府で行う。

 なお、リチウムイオン電池用の電極、蓄電システム用の電池セルは、引き続き、相模原事業場で生産する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top