東芝、夜間に蓄電できる家庭用システム「エネグーン」発売……遠隔監視も可能 | RBB TODAY

東芝、夜間に蓄電できる家庭用システム「エネグーン」発売……遠隔監視も可能

 東芝グループは10日、二次電池技術や機器制御技術などを結集した定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を開発したことを発表した。11月に東芝ライテックより販売を開始する。

ブロードバンド その他
定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」
  • 定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」
  • システム全体図
  • ピーク抑制のイメージ
  • ホームITシステム接続例
  • 新製品の主な仕様
 東芝グループは10日、二次電池技術や機器制御技術などを結集した定置式家庭用蓄電システム「エネグーン」を開発したことを発表した。11月に東芝ライテックより販売を開始する。

 「エネグーン」は、定置式家庭用としては大容量(6.6kWh)・高出力(3.0kVA)タイプとなっており、夜間に貯めた安い電力を長時間使用することが可能な製品。エアコンやその他の電気製品を同時に使用できる系統連系蓄電システムとなっており、万一の停電時にも、自動的に電気を供給開始し、冷蔵庫や照明などを約12時間使用できる。

 蓄電池本体には、6,000回以上のサイクル寿命があり、急速充電性能、高出力性能、低温動作等の優れた特性を持つ東芝製リチウムイオン電池SCiBを搭載した。さらに、蓄電システムとして業界で初めて、エコーネットコンソーシアムが策定したHEMS通信規格「ECHONET Lite」に対応した機種もラインアップしている。

 充電は通常モードでは約5時間、急速モードでは約2時間で充電できる。蓄電システム用分電盤に搭載した保守用切替器を操作することにより、商用電源を家庭内全体の電気機器に供給できる。コントローラであらかじめ充電時刻と使用時刻を設定しておけば、深夜など電気料金の安い時間帯に充電するなど、毎日自動で経済的な運転が可能。通信用アダプタ内蔵のコントローラを搭載した機種では、東芝ホームITシステム「フェミニティ」と接続することで、スマートフォンで蓄電システムの運転状態や蓄電量などの遠隔監視なども可能。販売目標は、今後1年間で12,000台。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top