ソフトバンクの寄付金サービス「チャリティホワイト」、申込件数が100万件を突破 | RBB TODAY

ソフトバンクの寄付金サービス「チャリティホワイト」、申込件数が100万件を突破

 ソフトバンクモバイルとソフトバンクBBは8日、毎月の利用金額にプラスして、東日本大震災の継続的な被災地支援として寄付ができるオプションサービス「チャリティホワイト」の申込件数が、100万件を突破したことを発表した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「チャリティホワイト」公式Facebookページ
  • 「チャリティホワイト」公式Facebookページ
  • 「あなたのいいね!でもっと応援プロジェクト」バナー
 ソフトバンクモバイルとソフトバンクBBは8日、毎月の利用金額にプラスして、東日本大震災の継続的な被災地支援として寄付ができるオプションサービス「チャリティホワイト」の申込件数が、100万件を突破したことを発表した。

 「チャリティホワイト」は、ユーザーの支払う定額料(10円/月)と、それと同額(「チャリティホワイト」加入者1人当たり10円/月)をソフトバンクグループが拠出し、合わせて20円/月を寄付するサービス。2011年8月1日からスタートし、累積の寄付金額は、ソフトバンクモバイルおよびソフトバンクBBの拠出金額と合わせて、1億923万0680円相当となっている。両社は8日時点で6019万4924円を中央共同募金会およびあしなが育英会に寄付している。

 また、「チャリティホワイト」に加え、ソフトバンクユーザー以外でも参加可能な「あなたのいいね!でもっと応援プロジェクト」を行うことを発表した。5月31日午後5時時点での「チャリティホワイト」公式Facebookページの「いいね!」の数に10円をかけた金額を、ソフトバンクグループから「赤い羽根 災害ボランティア・NPO活動サポート募金」(中央共同募金会)に寄付する。実施期間は2月18日から5月31日までで、期間中に「いいね!」を押すことで、被災地へのメッセージが記入可能となる。

【ソフトバンク公式】チャリティホワイト報告ページ | Facebook
https://www.facebook.com/charitywhite.csr
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top