NICT、“さっぽろ雪まつり”にて10種のソフト制御ネット切り替えの放送配信実験に成功 | RBB TODAY

NICT、“さっぽろ雪まつり”にて10種のソフト制御ネット切り替えの放送配信実験に成功

ブロードバンド テクノロジー

実験の構成
  • 実験の構成
  • 10種類のSDNの内訳
  • 実験対象となるネットワークリスト
 情報通信研究機構(NICT)は5日、10種のソフトウェア制御ネットワーク(SDN)技術を並列的に実装し、現在開催されている“さっぽろ雪まつり”にて、複数種類を切り替え放送配信・運用する実験に成功したことを発表した。

 利用者の要求に応じて迅速にネットワーク機能を入れ替えできる動的なネットワークを、リアルタイム解析・監視機能とともに構築し、高精細映像配信を実現したもの。これにより将来、利用者自身が高精細動画伝送・TV会議など、その都度用途に応じたネットワークを、より柔軟かつ迅速に選択可能となる見込みだ。

 具体的には、研究開発用テストベッドネットワーク「JGN-X」を使い、OpenFlowなど、北海道~沖縄上にて並列に準備した10種類のSDNを並列的に用い、必要なネットワークサービスの選択をGUIにより柔軟に実現する仕組みを構築。コンテンツ(さっぽろ雪まつり会場からのハイビジョン映像)を国内外の複数拠点へHDから4Kレベルの高精細品質にて伝送し、伝送状況を高精度に測定・分析した。

 また、シンガポールおよびタイの研究機関と協力し、インターネット上でのテレビ配信を行う国際標準規格「LIME」を用い、各国へのVODおよび4Kライブストリーミング配信実験も実施された。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top