富士通、フルHD・大容量バッテリ搭載の防水タブ「ARROWS Tab Wi-Fi」発売 | RBB TODAY

富士通、フルHD・大容量バッテリ搭載の防水タブ「ARROWS Tab Wi-Fi」発売

IT・デジタル モバイル

「ARROWS Tab Wi-Fi」前面
  • 「ARROWS Tab Wi-Fi」前面
  • 背面
  • ホーム画面の「キッズスタイル」のイメージ
  • ホーム画面の「かんたんスタイル」のイメージ
 富士通は1日、Android 4.0を搭載したWi-Fi専用タブレット「ARROWS Tab Wi-Fi」を発表した。販売開始は2月15日。価格はオープンで、同社直販サイト価格は74,800円。

 同製品はOSにAndroid 4.0を採用した10.1型の10指マルチタッチタブレット。液晶は1,920×1,200ピクセルの高画質フルHDに対応。CPUは4コアのNVIDIA Tegra 3(1.7GHz)を搭載し、12コアのグラフィックス・プロセッシング・ユニット(GPU)を組み込み、高精細な映像表示に対応している。

 IPX5/8相当の防水性能とIP5X相当の防塵性能を搭載。本体の重さは約589gで約9.9mmのスリムボディとした。バッテリは約10,080mAhの大容量で、連続駆動時間は動画再生で約14時間、音楽再生で約75時間、スタンバイ時には約2,100時間に及ぶ。

 壁紙やアイコン、時計デザイン、ショートカットアイコンなどホーム画面のデザインを簡単に切り替え可能。「キッズスタイル」や「かんたんスタイル」など年代や用途に応じた6種類のホーム画面を「スタイル切替」で簡単に切り替えられる。

 また、画面の色味を年齢に合わせて補正する「あわせるビュー」や、タッチ操作の感覚をよりわかりやすくした「はっきりタッチ」などの機能を搭載。指紋を登録することでセキュリティ性能を高めた「スマート指紋センサー」も装備した。ワンセグや無線規格「NFC」にも対応する。

 基本仕様は、メモリが2GB、ストレージが32GBフラッシュメモリ、ワイヤレスが802.11 a/b/g/nとBluetooth 4.0。前面130万画素/背面810万画素ウェブカメラやGPS、加速度センサー、地磁気センサー、RGBセンサー(照度センサー兼)などを内蔵。インターフェースはHDMI/microUSB/3.5mmステレオミニ/カードスロットなど。本体サイズの幅259mmで奥行き169mm。付属品はACアダプタセット/卓上ホルダなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top