海外リーグ所属の日本人サッカー選手、現地での“人種差別”を告白……「生活できなくなった」 | RBB TODAY

海外リーグ所属の日本人サッカー選手、現地での“人種差別”を告白……「生活できなくなった」

 スロバキア2部リーグのMSKリマフスカ・ソバタに所属していた日本人サッカー選手の中村祐輝選手が、現地で人種差別を受けて生活できなくなったとして、帰国したことを自身のブログで明かしている。

エンタメ ブログ
 スロバキア2部リーグのMSKリマフスカ・ソバタに所属していた日本人サッカー選手の中村祐輝選手が、現地で人種差別を受けて生活できなくなったとして、帰国したことを自身のブログで明かしている。

 30日に「実は。。。」とのタイトルで更新した公式ブログで、「今回はいつもより早く日本に帰ってきていたんですよね。そう、9月のあたまには日本にいました」と、すでに帰国していたことを報告。「残念ながら、所属していたMSKリマフスカ・ソバタで人種差別的なことを受けて生活できなくなり帰国しました」と、通常よりも早い時期に帰国した理由を明かした。

 現地で受けたという“人種差別”について中村選手は、「この時代にそんなことするか?って思うことがたくさんありました。試合前、後にはサポーターから鬼の形相で自分の名前だけ叫ばれて、中指を立てられ。。。チームメイトは誰も助けてくれない。そこに加担するかのような選手もいました。。」と告白。さらに所属チーム宛てに「脅迫みたいなもの」が寄せられる事態になっていたという。チームも「(身の安全に)責任を持てないから」として、帰国するに至ったのだそうだ。

 中村選手は帰国前の昨年8月のブログでも、現地でのプレーや近況について報告するとともに、「正直かなり疲れました!外人は自分1人だけなんでコミニュケーションの問題とか色々と」「まあどの世界でもどこでも何かしらの問題はありますよね? 問題であったり逆境であったり。そんな時にどう思えるかって凄く大切だと思います」と、海外チームでプレーする苦労をつづっていた。今回のブログで、現地で猛烈なバッシングを受けていたことを明かしたが、「こんな経験をした選手もなかなかいないんじゃないでしょうか?」と、前向きな気持ちをつづってブログを結んでいる。

 中村選手は、清水エスパルスのジュニアユースから静岡県立藤枝東高等学校を経て、国士舘大学卒業後にルーマニア2部リーグのCFRクライオバに入団。2012年にはチェコ・ガンブリヌス・リーガのFKヴィクトリア・ジジュコフに移籍してプレーしていたが、同年7月にMSKリマフスカ・ソバタへレンタル移籍していた。
《花》

関連ニュース

特集

page top