KDDI、商品パッケージやカタログを使ったAR情報表示サービスを試験提供 | RBB TODAY

KDDI、商品パッケージやカタログを使ったAR情報表示サービスを試験提供

エンタープライズ モバイルBIZ

サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • 参加企業・団体一覧
 KDDIと仏Total Immersionは17日、商品パッケージやカタログなどを活用したAR情報表示サービスのトライアル提供を開始した。

 対応している商品パッケージやカタログなどを、ARブラウザ「SATCH VIEWER」の「画像検索」機能で認識することで、商品情報を簡単に取得したり、インターネットで商品を購入したりすることが可能となる。KDDI研究所が開発した大規模画像認識技術を採用したことで、最大約10万件の画像データベースの中から高速に画像を特定することが可能とのこと。Android 2.2以上またはiOS5.1以上のスマートフォンに対応する。

 本トライアルへはKDDIへの申し込みにより無料で参加可能。トライアル開始当初は、参画企業・団体16社と連携し、サービスを提供する。また凸版印刷と参画企業誘致および情報加工技術を活用したARサービス開発に関する協力体制を構築する。

 参加企業・団体一覧としては、カンロや森永製菓の商品パッケージ、映画「劇場版HUNTER×HUNTER ~緋色の幻影~」ポスター、高知県立文学館の企画展におけるパンフレット、ジュピターテレコムの番組ガイド誌、東急電鉄「のるるん」サイトなどとなっている。商品パッケージや印刷物にARブラウザ「SATCH VIEWER」の「画像検索機能」を起動してかざすと、各種情報へ誘導するARボタンが表示される。

 同技術は、ニッセンが提供する「カタログカメラ」にも採用されており、2013年度のニッセンカタログ全ページの商品情報の取得や、商品の購入が可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top