母親の「コーヒー」差し入れ、眠気防止だけでなく「やる気」もアップ……「受験サポート」に関する調査 | RBB TODAY

母親の「コーヒー」差し入れ、眠気防止だけでなく「やる気」もアップ……「受験サポート」に関する調査

エンタメ 調査

受験生世代のコーヒーの好み
  • 受験生世代のコーヒーの好み
  • 勉強時におけるコーヒーの作用に、母親は期待
  • キャンペーンページ
 ネスレ日本は11日、「受験サポート」に関する調査結果を公表した。調査期間は2012年12月14日~18日で、受験生の母親500名(30~50代)から回答を得た。

 まず、「受験生のサポートとして、何かしていることはありますか?」と聞くと、79%の母親が「ある」と回答。メンタル面では「勉強や受験に関する悩みや不安を聞いてあげるようにしている」が60%、勉強効率面では「体調管理に気を使っている」が77%となった。

 定番の夜食や飲み物の“差し入れ”については「受験勉強中や休憩中に差し入れをしたことはありますか?」という質問に、58%が「ある」と回答している。「食べ物」について「差し入れをしたことのあるもの」を聞くと、「チョコレート」(44%)、「フルーツ」(36%)、「アイスクリーム」(33%)、「クッキー・ビスケット」(29%)などの甘いものが上位に。一方、「飲み物」についてはシーンや目的によって「ココア」と「コーヒー」で票がわかれ、「休憩中やリラックスタイムに差し入れをしたいもの」としては「ココア」(39%)が、「勉強中の眠気覚ましのために差し入れをしたいもの」としては「コーヒー」(49%)が、それぞれ1位を獲得した。特に「コーヒー」については、「勉強中の集中力を高めるために差し入れをしたいもの」としても22%が回答しており、勉強時におけるコーヒーの作用に期待をしている母親が多いようだ。

 これに対し、東京薬科大学名誉教授でコーヒー研究家の岡希太郎氏は、「2011年に国際共同チームが発表した論文(M Lazarus, et al. J Neurousci 2011;31:10067-75.)によると、コーヒーに含まれるカフェインには、“やる気を起こす・持続させる”という作用がある」と指摘。脳の中央あたりにある「側坐核(そくざかく)」が働いて、脳内物質を分泌することで「やる気」が出てくるのだが、この「側坐核」をうまく動かすには、実際に作業(受験生の場合は勉強)を行うほかなく、「側坐核」に作用する有効な“物質”はないと考えられていた。しかし、今回の論文によって、カフェインが「側坐核」の働きに関わることが新たに判明したという。つまり、カフェインが、「側坐核」に結合している疲労物質アデノシンに置き代わって眠気を払い、意識を高めてやる気の維持につながる可能性があると説明した。

 ちなみに、砂糖やミルク、クリーミングパウダーなどを入れても、ほぼ影響はなく、カフェインの吸収率が変わることはないのこと。好みに応じて、ミルクやクリーミングパウダーなどを入れて、自分が一番美味しいと感じるコーヒーを飲むのが良いそうだ。また、あたたかくて美味しいホットコーヒーは、気分をやわらげることにもつながるため、休憩中に家族でくつろぎながら飲む上でもオススメだとしている。

 また母親への調査では、「コーヒーが好きである」という受験生は64%となっており、約3分の2がコーヒーを好んでいた。また「苦味が強いコーヒーが苦手である」という回答が74%、「ミルクなどでまろやかにして飲むのが好きである」という回答が89%にのぼっており、受験生世代への差し入れの際は、“苦味をおさえたクリーミーでまろやかなコーヒー”が好まれる傾向にあるようだ。

 ネスレ日本では、コーヒーの苦味をマイルドにするクリーミングパウダー「ネスレ ブライト」を販売中。バリスタなど、コーヒー関連の資格保有者46名を対象におこなった別調査では、「牛乳」入りコーヒーと「ネスレ ブライト」入りコーヒーの比較試飲において、温度・香り・まろやかさなど、全般において「ネスレ ブライト」入りコーヒーのほうが高い評価を得られた他、80%が「美味しさに満足した」と回答したとのこと。

 また現在、ネスレ日本では、モニターに選ばれた総計10万名(各回1万名 / 全10回締め切り)に、「ネスレ ブライト」 トライアルキット(「ネスレ ブライト スティック」6本)2セットがプレゼントされる「ネスレ ブライト あつあつハート届けよう 10万人モニター募集キャンペーン」を、2月6日まで実施中。キャンペーンにはサイトから応募可能。

■キャンペーンサイト:http://nestle.jp/brand/brite/#!/monitor
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top