インフルエンザによる学級閉鎖等、179施設で発生 | RBB TODAY

インフルエンザによる学級閉鎖等、179施設で発生

エンタメ その他

定点あたり報告数推移
  • 定点あたり報告数推移
  • インフルエンザ定点当たり報告数・都道府県別
  • インフルエンザ様疾患発生報告における施設数の推移
 厚生労働省は、12月17日から12月23日までのインフルエンザの発生状況を発表した。インフルエンザによる休校・学年閉鎖・学級閉鎖は、計179の施設で発生している。

 インフルエンザの定点あたりの報告数は、第43週(10月22日~10月28日)以降増加が続いている。第51週(12月17日~12月23日)の定点当たり報告数は2.23、患者報告数は10,977となり、前週の定点当たり報告数(1.17)の2倍近く増加している。

 都道府県別にみると、群馬県(13.07)が最多で、次いで佐賀県(8.63)、埼玉県(5.81)、沖縄県(5.69)、栃木県(5.41)、山梨県(4.50)、千葉県(3.91)の順に多く、滋賀県と山口県を除く45都道府県で増加がみられた。

 インフルエンザ様疾患発生報告によると、休校が4、学年閉鎖が37、学級閉鎖が138の施設で発生している。

 2012年第36週(9月3日~9月9日)以降の国内におけるインフルエンザウイルスの検出状況をみると、AH3亜型(A香港型)の割合がもっとも多く検出されている。
《工藤 めぐみ》

関連ニュース

特集

page top