12月1日から義務化のストレスチェック、その対応は? | RBB TODAY

12月1日から義務化のストレスチェック、その対応は?

エンタープライズ 企業

サービスの流れ
  • サービスの流れ
  • ストレスチェックの画面のイメージ
 企業のストレスチェック義務化が12月1日からスタートする。従業員数が50名以上の事業所は厚生労働省のストレスチェック制度実施マニュアルにのっとり、年1回、全従業員に対してストレスチェックを実施しなければならない。

 これを受けてセコムと、セコムグループで情報通信事業を担うセコムトラストシステムズは24日、「セコムあんしんストレスチェックサービス」を発表した。

 同サービスでは従業員がパソコンやスマートフォンを使い、いつでもどこでも容易にストレスチェクを行なうことが可能。企業は従業員のストレスチェック実施状況を確認し、労働基準監督署への報告書を効率的に作成できる。

 高ストレスと判断された従業員は医師による面接指導が推奨されるが、同サービスでは従業員が医師への面接申込みを行うことができる。

 サービス全体は厚生労働省のマニュアルにのっとり、従業員本人が承諾した場合にのみ、ストレスチェックの結果が企業側に開示される。また、ストレス状況の集団分析機能を装備。同グループのセコム医療システムを通じて産業医の紹介や相談にも対応する。
《加藤/H14》

関連ニュース

特集

page top