『パラノーマン ブライス・ホローの謎』予告編……全米No. 1のストップモーションアニメ[動画] | RBB TODAY

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』予告編……全米No. 1のストップモーションアニメ[動画]

エンタメ 映画・ドラマ

『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 (C) 2012 LAIKA, Inc. All Rights Reserved.
  • 『パラノーマン ブライス・ホローの謎』 (C) 2012 LAIKA, Inc. All Rights Reserved.
 死者と話せる少年パラノーマンが、300年前に封印された町、ブライス・ホローの秘密を解き明かす---。ライカ・エンターテイメントの最新ストップモーション・アニメーション『パラノーマン ブライス・ホローの謎』が、2013年3月より日本全国で公開される。

 本作は、『コララインとボタンの魔女』(アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネート)を手掛けたハリウッド最高峰のアニメスタジオ、ライカが構想10年、制作期間3年を費やして完成させた、アドベンチャームービーだ。

 本作は、一切CGを使用せず全てがストップモーションで製作されている。人形ひとつひとつがスタッフの手作業で作られ、キャラクターの顔は全部で3万1000個以上のパターンが作られている。主人公ノーマンは8800個もの顔を使用、表情はノーマン1人で150万通りものパターンが用意された。

<STORY> 舞台は、300年前に魔女狩りの現場になったと言われている町ブライス・ホロー。ノーマンは死んだ人たちと会話できる能力をもっているが、変わり者扱いされてしまっている。ある日、叔父が「魔女の魂が町を滅ぼす。死者と会話できる者たちが何代にもわたって災厄を食い止めてきた」とノーマンに語ると死んでしまう。ノーマンが時間との競争を繰り広げている中、7人の死者が蘇ったが、彼らはノーマンに助けを求めていた。2013年3月29日、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top