「Instagram」人気を悪用する「Facebook」でのクリックジャック攻撃 | RBB TODAY

「Instagram」人気を悪用する「Facebook」でのクリックジャック攻撃

ブロードバンド セキュリティ

Facebook上の不正な投稿の例
  • Facebook上の不正な投稿の例
  • 認証コードを生成する方法を説明する誘導ページ
  • Facebookの偽ホームページ
  • 既存のアルバム「Instagram Photos」に投稿されたスパム写真
トレンドマイクロ株式会社は12月12日、同社Trend Labsが写真共有サイト「Instagram」の人気に便乗および悪用する「Facebook」でのクリックジャック攻撃を確認したとブログで紹介している。ユーザは、Facebook上の連絡先の誰かが投稿した写真にタグ付けされることによってこの脅威に遭遇する。この投稿には、Facebook上のプロフィールを誰が訪問したか、どの程度の頻度で訪問したかユーザが知ることができると記載されている。また、この投稿はInstagramを介して投稿された写真も含んでいる。

Trend Labsでは、「Recent Profile Views」で利用されている写真と名前が他の攻撃でも繰り返し利用されていることを確認している。ユーザがリンクを誤ってクリックすると、認証コードを生成方法について説明するページへと誘導される。このページは、実際はFacebookアプリのInstagramであるポップアップウィンドウを表示し、ユーザに「Go to App」ボタンをクリックするよう求める。このウィンドウは、偽のFacebookページへユーザを誘導する。ここでアルバムが作成されるが、アルバムには拡散活動を担う不正なリンクも含んでいる。こういった手法はこれまでオンラインゲームに悪用されたが、それがSNSへと拡大しているとして注意を呼びかけている。

「Instagram」人気を悪用する「Facebook」でのクリックジャック攻撃(トレンドマイクロ)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top