フジテレビ、Facebook活用で2012衆院選の意識調査を実施……独自開発の選挙アプリを公開 | RBB TODAY

フジテレビ、Facebook活用で2012衆院選の意識調査を実施……独自開発の選挙アプリを公開

ブロードバンド ウェブ

「FNN survey on Facebook」イメージ
  • 「FNN survey on Facebook」イメージ
  • 回答者の属性情報(性別、年齢別、都道府県別)も集計
  • 番組キャスターの3人
  • 『FNN総選挙2012 ニッポンの決意JAPAN'S DECISION』番組ロゴ
 フジテレビジョンとFNN(フジニュースネットワーク)は10日、2012年衆議院選挙に関する意識調査を、FNNニュースFacebook公式ページ内にて開始した。Facebookアプリ「FNN survey on Facebook」を利用したものとなっている。

 フジテレビでは、12月16日に行われる衆議院選挙に合わせ、総選挙特別番組『FNN総選挙2012 ニッポンの決意JAPAN'S DECISION』を放送する予定だ(出演:安藤優子・三宅正治・宮根誠司)。番組では、ネットユーザーから総選挙に関するさまざまなデータを収集し、日本の政治に対し視聴者から寄せられた貴重な「生の声」として、さまざまな形で取り上げる予定となっている。

 そこで同番組では、独自に開発したアプリ「FNN survey on Facebook」を用いて、全国の20歳以上の男女を対象に、投票の前と後、計2回の意識調査を実施する。この調査結果、ネット利用者の回答やコメントは、サーバ上で即座に集計・分類され、統計データとして一般の利用者にもフィードバックされる。

 第1回「選挙へ行こう!」と題した投票前の意識調査では、有権者が考える「選挙の争点」の他、「候補者選びのポイント」「選挙そのものに対する関心度」などを主に調査し、その調査結果を随時集計・更新する。また、回答者の属性情報(性別、年齢別、都道府県別)についても集計結果を表示する予定。

 第2回「あなたが選んだ理由」と題した投票後の意識調査では、「どの政党に投票したか?」といった従来の定量的な測定ではなく、より具体的な選択理由を問いかけ、選挙結果を定性的に分析する予定。

 調査に参加・回答する場合、Facebookアカウントが必要。スマートフォン版は12月12日より公開予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top