ブイキューブ、Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」の海外拠点間に専用回線を導入 | RBB TODAY

ブイキューブ、Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」の海外拠点間に専用回線を導入

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「Global Link」紹介ページ
  • 「Global Link」紹介ページ
  • 「V-CUBE ミーティング」紹介ページ
 ブイキューブは28日、Web会議サービス「V-CUBE ミーティング」のオプション機能として、日本、中国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムとの相互接続環境を強化し、より快適な利用を実現する「Global Link(グローバル リンク)」の提供を開始した。

 「V-CUBE」は、Webカメラとヘッドセット、インターネット環境さえあれば、世界中どこでも利用可能なビジュアルコミュニケーションサービス。専用のソフトウェアをインストールするなどの設定は不要。今回、日本・中国・シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ・ベトナムのデータセンター間を専用回線で接続し、通信環境を強化した。

 日本とアジア各地域を結ぶインターネット回線は、回線障害による遅延や通信途絶などにより、サービスを快適に利用できない、国内拠点と同等のサービスを海外拠点に設置するのにコストがかかる、といった課題があった。ブイキューブでは日本、中国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、ベトナムで「V-CUBE
ミーティング」のデータセンター設置を進めており、今回これらを専用回線で接続した。これにより通信の安定性を確保したとのこと。

 価格は、初期費用0円、月額基本料金15,000円。2012年12月末まで、無料でトライアル体験が可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top