セイコーインスツル、初の静電式カラータッチパネル搭載電子辞書「DAYFILER」 | RBB TODAY

セイコーインスツル、初の静電式カラータッチパネル搭載電子辞書「DAYFILER」

IT・デジタル その他

5.1型の高精細WVGA(800×480ピクセル)静電式カラータッチパネルを採用。上級英語学習者向けの「DF-X8000」とエンジニア/ビジネスパーソン向けの「DF-X9000」
  • 5.1型の高精細WVGA(800×480ピクセル)静電式カラータッチパネルを採用。上級英語学習者向けの「DF-X8000」とエンジニア/ビジネスパーソン向けの「DF-X9000」
  • 「DF-X8000」
  • 静電式カラータッチパネルを採用
  • 電子書籍ビューワ「NetFront BookReader EPUB Edition」を搭載
 セイコーインスツルは27日、電子辞書として初めて高精細WVGA静電式カラータッチパネルを採用した「DAYFILER」シリーズを発表した。販売開始は1月末で、価格はオープン。ラインナップは、上級英語学習者向けの「DF-X8000」、エンジニア/ビジネスパーソン向けの「DF-X9000」の2機種。予想実売価格は「DF-X8000」が50,000円前後、「DF-X9000」が55,000円前後。

 5.1型の高精細WVGA(800×480ピクセル)静電式カラータッチパネルを採用。フリックスクロール、ピンチアウト、ピンチインなど、スマートフォンのようなタッチ操作が可能で、無段階で滑らかな文字を拡大/縮小が行える。

 一括検索では、よく使う辞書を予め選び、その表示順をユーザー自身が簡単に設定できる。また、SII独自のPC検索モード「PASORAMA」を進化させた「PASORAMA+(プラス)」を搭載。単語帳、検索履歴の「DAYFILER」本体との同期が可能で、翻訳エンジンで定評のある「熟考」サイトを「PASORAMA+」の画面から利用できる(期間限定などの制限あり)など、PCとの連携も強化された。

 電子辞書では六大英和辞典を収録。さらに「DF-X9000」にはビジネスシーンで定評のある専門用語、英語例文の雛型等国際ビジネスで実績のあるコンテンツを収録、「DF-X8000」には三大学習英英、TOEIC/TOEFL対策のテキスト集を収録し上級英語学習に対応している。「DF-X8000」には、「オックスフォード現代英英辞典」、「新TOEIC Test対策」など53コンテンツ、「DF-X9000」には「科学技術論文、報告書その他の文書に必要な英語文型・文例辞典」、「情報処理技術者用語辞典」、「理化学辞典」など58コンテンツを収録する。

 電子書籍ビューワ「NetFront BookReader EPUB Edition」を搭載。EPUB3やPDFに対応し、電子書籍をはじめ、エクセル、パワーポイントなどのドキュメントも閲覧可能。ライターはスマホで人気の手書きアプリ「7notes with mazec-T」搭載で、ATOKとの連携により、キーボード、手書き入力どちらからでも手軽にドキュメントの作成、保存が行える。

 主な仕様は、ユーザーメモリ領域が1GB、インターフェースがmicroSDHCカード対応スロット、MicroUSB、ワイヤレスがIEEE 802.11b/g/n対応で無線LANにも対応する。本体サイズは幅146mm×奥行108mm×厚さ約24mm(最厚部)、12.5mm(最薄部)、重量は約360g。充電式リチウムイオン電池内蔵で、連続駆動時間は約11時間。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top