“手荒れの冬”を迎える前に、「食洗機+専用洗剤」は検討の価値アリ! | RBB TODAY

“手荒れの冬”を迎える前に、「食洗機+専用洗剤」は検討の価値アリ!

 寒さが本格化し、日々の水仕事がツライ季節となってきたが、そんなときに重宝するのが食器洗い機(食洗機)だ。最近では、通常サイズでも5万円以下、プチタイプなら実売2万円前後で手に入る製品もあり、日々活躍している家庭も多いだろう。

エンタメ その他
Amebaファンページ「CHARMY クリスタ」
  • Amebaファンページ「CHARMY クリスタ」
  • NAVERまとめ「汚れ落として主婦の手救う!『食洗機』がデキる奴すぎる」
  • CHARMY クリスタ ジェル
 寒さが本格化し、日々の水仕事がツライ季節となってきたが、そんなときに重宝するのが食器洗い機(食洗機)だ。最近では、通常サイズでも5万円以下、プチタイプなら実売2万円前後で手に入る製品もあり、日々活躍している家庭も多いだろう。

 NAVERまとめの「汚れ落として主婦の手救う!『食洗機』がデキる奴すぎる」では、そんな食洗機の利点がまとめられている。それによると、まず、1日に2回洗い物をした場合、年間の光熱費が約8,000円節約できるとされている。また、日本全世帯が手洗いから食洗機にかえると、年間32tの節水(東京ドーム2,500個分相当)が可能だとのこと。割安な深夜電力を利用できる予約機能などで節電効果も狙える。さらに、茶渋やギトギト油などのガンコな汚れにも強く、目の細かいざるなども大丈夫だと言われると、一人暮らしの記者も、つい欲しくなってくる。

 そんな食洗機でも、仕上がりを左右するのは洗剤だという。ライオンの洗剤「チャーミー」には、食洗機専用洗剤「CHARMYクリスタ」シリーズがラインアップされている。とくに、「CHARMY クリスタジェル」は、スピード洗浄でも汚れがキレイに落ちると評判のジェル洗剤だ。ジェルタイプなので洗剤の溶け残りがないのはもちろん、さらに「オレンジピール成分」配合で、さわやかですっきりした香りとなっている。

 洗浄能力の面では、独自成分“ポリカルボン酸塩”を配合。油汚れ・タンパク質由来の汚れ・デンプン由来の汚れだけでなく、水垢などのカルシウム汚れの上に油汚れが重なって出来る「汚れの膜」まで剥がしとるという。「汚れの膜」は、グラスのくもりの原因になるものだ。くすんだ白いグラスがあったら、一度しっかり洗ってみてほしい。ビールの泡立ちまで変わってくるというから驚きだろう。

 ライオンでは現在、AmebaファンページにCHARMY クリスタジェルのページを開設中。定期的にプレゼントイベントなども開催しており、ファンからの感想が寄せられている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top