SAP、Windows 8対応のビジネスモバイルアプリ6種類を年内から提供開始 | RBB TODAY

SAP、Windows 8対応のビジネスモバイルアプリ6種類を年内から提供開始

エンタープライズ モバイルBIZ

SAP Manager Insight画面
  • SAP Manager Insight画面
  • SAP Learning Assistant画面
  • SAP Interview Assistant画面
  • SAP Customer Financial Fact Sheet画面
  • SAP GRC Policy Survey画面
  • SAPのモバイルアプリ紹介ページ
 SAPジャパンは26日、Windows 8対応のSAPモバイルアプリ6種類を年内に提供開始することを発表した。また同日より、Windows 8対応版のモバイル・デバイス・マネジメントの「SAP Afaria」の提供を開始した。

 提供されるのは、「SAP WorkDeck」「SAP Manager Insight」「SAP Learning Assistant」「SAP Interview Assistant」「SAP Customer Financial Fact Sheet」「SAP GRC Policy Survey」の6種。

 SAPでは、日本語化済みのモバイルアプリを現時点で33種類提供している。今回、研修・採用・営業などのエンタープライズ機能を中心としたWindows 8用ビジネスアプリ6種類を、年内にWindows StoreおよびSAP Storeにて配信する。これらのSAPモバイルアプリは、日本語およびSAP Mobile Platform(旧製品名:Sybase Unwired Platform)におけるWindows 8ソフトウェアの開発に対応する予定。

 「SAP WorkDeck」は、さまざまな情報源やプロセスを文脈で統合し、役割ごとに一覧にまとめることができる新しい個人主導型のアプリ。「SAP Manager Insight」は、人事管理者向けの社員プロフィールのアプリ。「SAP Learning Assistant」は、オンライン研修がいつでもどこでもオンデマンドで利用できるアプリ。「SAP Interview Assistant」は、面接のスケジューリングを簡単に行えるアプリ。「SAP Customer Financial Fact Sheet」は、顧客プロフィールのアプリ。「SAP GRC Policy Survey」は、ガバナンス、リスク、コンプライアンスの方針管理用のアプリとなる。

 これらのアプリでは、ズームやタイル、スナップモードなど、新しいWindowsのユーザーインターフェイス機能とタッチ機能が利用可能となる。購入前にダウンロードして動作確認することも可能。

またSAP Mobile Platformでは、Windows 8用とWindows Phone 8用のモバイルアプリを開発・展開できるようにサポートすることが予定されている。また、Windows 8のログインと認証に対応したライブラリをリリースし、複数のオプションをアプリに用意できるようにする予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top