「海賊版に注意」と海賊版をネットオークションで販売 | RBB TODAY

「海賊版に注意」と海賊版をネットオークションで販売

 ACCSによると、鳥取県警生活環境課と米子署は、権利者に無断で複製されたコンピュータソフトを販売していた鳥取県米子市の会社員男性を著作権法違反の疑いで逮捕した。

ブロードバンド セキュリティ
(イメージ)
  • (イメージ)
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月15日、鳥取県警生活環境課と米子署が同日、権利者に無断で複製されたコンピュータソフトを販売していた鳥取県米子市の会社員男性(28歳)を、著作権法違反(海賊版の頒布)の疑いで逮捕したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2012年6月5日頃から同17日頃にかけて、前後3回にわたってマイクロソフトコーポレーションが著作権を有する「Microsoft Office Professional Plus 2010(日本語版)(Microsoft Open Licenseプログラム)」が複製されたDVD3枚を、茨城県の男性ら3人に対し合計60,100円で販売していた。男性はオークションの出品画面において「海賊版が出回っているので購入の際にはご注意下さい」などと説明し、販売を行っていた。

「海賊版に注意」と海賊版をネットオークションで販売していた男性を逮捕(ACCS)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top