ASUS、世界初デュアルスクリーン搭載Ultrabook「ASUS TAICHI」……天板側にもタッチ液晶 | RBB TODAY

ASUS、世界初デュアルスクリーン搭載Ultrabook「ASUS TAICHI」……天板側にもタッチ液晶

IT・デジタル ノートPC

通常のディスプレイに加え、外側の天板部分にタッチ対応ディスプレイを備えるUltrabook「ASUS TAICHI」
  • 通常のディスプレイに加え、外側の天板部分にタッチ対応ディスプレイを備えるUltrabook「ASUS TAICHI」
  • Ultrabook「ASUS TAICHI」
  • Ultrabook「ASUS TAICHI」
  • Ultrabook「ASUS TAICHI」
 ASUSTeK Computerは14日、2012年冬モデルとして世界初デュアルスクリーン搭載Ultrabook「ASUS TAICHI」を発表した。通常のディスプレイに加え、外側の天板部分にタッチ対応液晶ディスプレイを搭載した。販売開始は12月8日で、価格はオープン、予想実売価格は139,800円前後。

 11.6型Ultrabook「ASUS TAICHI」は、どちらのディスプレイもフルHD(1,920×1,080ピクセル)のIPSワイド液晶を採用。内側のスクリーンのみを使用し、キーボードで入力する「ノートパソコンモード」、天板を閉じれば自動的に切り替わり、256段階の筆圧を検知できる専用EMRペンや指でタッチ操作ができる「タブレットモード」、2つのスクリーンに同じ画面を表示する「ミラーモード」、2つのスクリーンに異なる画面を表示する「デュアルスクリーンモード」と4モードが用意されている。これらはボタン一つで切替可能。表面の液晶は10点タッチ対応タイプ。

 OSはWindow 8(64bit)。主な仕様は、Core i7-3517U(1.9GHz)、メモリ4GB、ストレージは256GB SSD、Intel QS77 Expressチップセットを搭載。インタフェースは、USB 3.0×2、mini-VGA×1、microHDMI×1、メモリースロット(SDメモリーカード対応)など。ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0。ディスプレイ両側にWebカメラを搭載。天板側は500万画素、内側は92万画素で、天板側は1080p、内側は720pでの動画撮影が可能。

 本体サイズは幅306.6mm×奥行き199.3mm×高さ3~17.4mmで、重量は約1.25kg。バッテリー駆動時間は約5.2時間。イーサネットアダプターと専用のEMRペンが付属する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top