ソフトバンクグループとVMware、BYODソリューションで提携……無償トライアル提供開始 | RBB TODAY

ソフトバンクグループとVMware、BYODソリューションで提携……無償トライアル提供開始

 ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルと米VMware社は6日、VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware Horizon Mobile」をベースにしたスマートフォン向けの高セキュリティソリューションの提供に向け、提携することを発表した。

エンタープライズ セキュリティ
トライアルサービス利用イメージ
  • トライアルサービス利用イメージ
  • 提供されるサービス内容
  • Motorola RAZR M SoftBank 201M
 ソフトバンクテレコムとソフトバンクモバイルと米VMware社は6日、VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware Horizon Mobile」をベースにしたスマートフォン向けの高セキュリティソリューションの提供に向け、提携することを発表した。

 ソフトバンクモバイルが提供するAndroid搭載スマートフォン「Motorola RAZR(レーザー)M SoftBank 201M」を用いて、ソフトバンクテレコムが「BYOD」(Bring Your Own Devices)サービスの無償トライアルサービスを実施する。12月10日から受け付けを開始する。

 このトライアルサービスでは、「VMware Horizon Mobile」によって1台のスマートフォン内に、通常の物理的なスマートフォン環境と別に、仮想的な環境を作り出し、それぞれの環境をインターネットアクセス用と企業内システムアクセス用に使い分けができるようにする。これにより、所有するスマートフォンを個人用と業務用に使い分ける「BYOD」の実現をサポートする。

 なおトライアルサービス後は、「VMware Horizon Mobile」iOS版の採用についても積極的に取り組む予定だとしている。

 接続環境としてはインターネットVPNアクセス(閉域網を希望する場合、ユーザー負担)、クライアント証明書2枚が提供される。申し込み期間は2013年1月31日まで。利用期間は2013年3月31日まで。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top