ソフォスがMDM製品の新版をリリース!企業のBYOD導入支援 | RBB TODAY

ソフォスがMDM製品の新版をリリース!企業のBYOD導入支援

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
Sophos Mobile Control 2.5
  • Sophos Mobile Control 2.5
 ソフォスは14日、モバイルデバイス管理 (MDM) 製品の最新版「Sophos Mobile Control 2.5」を発表した。Webベースの管理コンソールが更新され、機能が拡張・追加された。

 「Sophos Mobile Control 2.5」では、IT管理者はワンクリックで多くのデバイスの共通タスクを完了でき、既存のITインフラストラクチャとの統合が簡単にできる。また、既存グループに新しく登録されたデバイスを自動的に割り当て、関連するポリシーをデバイスに適用できる。さらに、デバイスのコンプライアンス状況、コンプライアンス違反となっている理由や問題を解決するためにユーザーが実施する必要があるアクションを把握でき、ユーザーは IT管理者に頼ることなく、自分自身で現在のコンプライアンスの状況を把握できるようになっている。また、管理Webポータル (セルフサービスポータル)で問題のリスト確認も可能だ。

 セキュリティポリシーも強化された。従業員の離職時や、セキュリティポリシーを順守していない場合に、IT管理者がリモートからデバイスにある企業データの消去を実行できるほか、アプリケーションをMDM製品に関連付け、従業員のデバイスにインストールを促すこともできる。これらのアプリケーションと関連データは、管理コンソールから直接削除できる。モバイルデバイスがコンプライアンスを違反した場合はIT管理者に通知される。

 同社では、法人市場で注目されるBYOD(Bring Your Own Device)を支援するツールとしてもアピールしている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top