【レビュー】発売直後の「iPad mini」ファーストインプレッション! | RBB TODAY

【レビュー】発売直後の「iPad mini」ファーストインプレッション!

IT・デジタル モバイル

まずは開封の儀から。付属品はLightning - USBケーブルとUSB電源アダプタ
  • まずは開封の儀から。付属品はLightning - USBケーブルとUSB電源アダプタ
  • 第三世代iPadと比較。ディスプレイサイズは7.9インチに、厚さは23%薄くなった
  • 入力ではノーマルiPadのようにキーボードを分割しなくても、中央のキーに指が届くように
  • エッジの上部分が面取りされており、指や手のひらでのホールド感がアップしている
  • 画面上にiPad miniをホールドする指があっても、スクロールなどの操作ができる
  • 「写真」アプリで撮影した写真をスクロールさせる際にも、指が画面に掛かっていても大丈夫
  • 純正の「Smart Cover」は全6色用意。マグネットで本体背面に吸着する
  • 「Smart Cover」は3段に折りたたむことで、スタンドとしても利用できる
 2日、米アップル「iPad mini」のWi-Fiモデルが日本でも発売された。筆者もいち早く入手する機会を得たので、さっそくファーストインプレッションをお伝えしようと思う。

■思わず「軽っ!」と声が出るアルミボディ

 一番最初に触ってみて驚くのは、やはり重さだ。サイズは「Kindle Fire」や「GALAXY Tab」などの、いわゆる7インチタブレットとほぼ同じ。だが、308gというライバルを超えた軽量化は、持ち比べてみれば明白だ。親指と手のひらで挟むように持ってみても、旧来のiPadのように親指側に負担が来ない。これは、サイズダウンしたことで、重心が下がったことも大きそうだが、基本的に親指はほとんど添えるだけ。背面に回した指や手首についても、試しに電車を20分ほど乗った程度であれば疲れを感じなかった。いや全くないわけではないのだが、途中でいちど右手から左手に持ち替える程度で解消されるレベルである。

 ただ、iPad miniは左右のベゼルが狭いため、この持ち方だとどうしても親指が画面に乗ってしまう。しかし、そこはアップルもちゃんと考えていた。片手の親指が左右の画面に乗っていた場合、もう1本の指の操作を優先して認識するようにシステムが組まれているのである。試しに、電子書籍リーダーや写真アプリで操作してみたが、どちらも問題なく画面をスクロールできた。

 ところで、これまで筆者は同サイズのタブレットを、底面から手のひらで抱え込むようにホールドしていた。今回もつい、いつもの持ち方でiPad miniを使うシーンがあったのだが、改めて手に取ってみると、ほかのタブレットよりもホールド感が増した印象がある。横幅はむしろ若干増えているはずなのに、だ。恐らく、これは7.2mmという薄さが、指の掛かりを良くしているためなのだろう。それに加えて、エッジ部分をキレイに面取りしていることも大きい。ただ丸いだけのボディでは何かの衝撃でズルっと滑ってしまいそうだが、この第三の面の存在により、より確実に端末をホールドできるのだ。

 アルミ製のボディは、プラスチック素材を使ったタブレットにありがちなタワミなどは一切ない。価格は少々高いが、それに見合う高級感のある端末で、外に持ち歩いて使わせたくなる魅力がある。iPadは自宅内でPC代わりに、iPad miniは外出用ときれいに住みわけができそうだ。
《丸田》

関連ニュース

特集

page top