ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」を実験店舗で導入 | RBB TODAY

ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」を実験店舗で導入

ローソンとパナソニックは、完全自動セルフレジ機「レジロボ」の実証実験を、本日12日より、次世代型コンビニエンスストアの実験店舗「ローソンパナソニック前店」(大阪府守口市)にて開始している。

IT・デジタル スマートフォン
ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」を実験店舗で導入
  • ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」を実験店舗で導入
  • ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」を実験店舗で導入
  • ローソン、パナソニックの完全自動セルフレジ機「レジロボ」を実験店舗で導入
 ローソンとパナソニックは、完全自動セルフレジ機「レジロボ」の実証実験を、本日12日より、次世代型コンビニエンスストアの実験店舗「ローソンパナソニック前店」(大阪府守口市)にて開始している。

 「レジロボ」は、顧客自らが、バーコードをスキャンした商品を専用の「スマートバスケット」に入れ、バスケットごと専用レジに設置するだけで、自動的に精算と袋詰めをするシステム。従来のように、店員がレジで商品のスキャン登録や袋詰めをする必要がないため、店舗オペレーションを省力化できる。

 2017年2月には、RFID(電子タグ)を導入した実証実験を行う予定であることも、あわせて明かされた。RFIDは、通信情報のやり取りが可能で、商品スキャンの必要がないため、顧客は現状よりも、さらにスピーディな精算ができるようになる。

 両社は、2013年から健康、環境、ICTをテーマに活動する「BLUE PROJECT」を立ち上げて協業しており、今回の取り組みはその一環となっている。
《KT》

関連ニュース

特集

page top