グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開 | RBB TODAY

グリー、スマホアプリ開発支援ソリューション「Lightweight SWF」をOSSとして公開

 グリーは18日、UnityおよびHTML5に対応したスマートフォンアプリの開発支援ソリューション「Lightweight SWF」(LWF)を、オープンソースソフトウェアとして公開した。

エンタープライズ モバイルBIZ
「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の画面
  • 「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の画面
  • 「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の画面
  • 「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の画面
  • 「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の画面
  • GitHubの公開ページ
 グリーは18日、UnityおよびHTML5に対応したスマートフォンアプリの開発支援ソリューション「Lightweight SWF」(LWF)を、オープンソースソフトウェアとして公開した。

 「LWF」は、独自ファイルフォーマットに基づくアニメーションエンジン。Flashコンテンツから変換したアニメーションデータを、UnityとHTML5で再生可能にできる。グリーでは、北米やヨーロッパなどの地域でリリースしたモバイルソーシャルゲーム「Alien Family」「Animal Days」(日本語版名「どうぶつフレンズ」)の開発において「LWF」を採用している。

 「LWF」では、Flashプレイヤーに近い挙動により、Flash開発経験者の学習負担を大幅に軽減しているという。またFlashアーティストがエンジニアリングなしにアニメーションおよびユーザーインターフェイスを作成することが可能となっている。さらに既存Flashプレイヤーで不可能だった、自由で高度なインタラクションの提供が可能になるとのこと。グリーでは公開後も、「LWF」を継続的に拡張しリリースしていく予定。

 ライセンスはzlib Licenseで、GitHubにて公開されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top