『アニメ産業レポート2012』発刊 日本動画協会 | RBB TODAY

『アニメ産業レポート2012』発刊 日本動画協会

エンタメ 映画・ドラマ

「アニメ産業レポート2012」
  • 「アニメ産業レポート2012」
日本動画協会は、この9月にアニメーション産業のビジネスデータをまとめた「アニメ産業レポート2012」を発刊した。
価格は税込3000円、秋葉原のUDXにある東京アニメセンター オフィシャルショップ@akiba info.で購入出来るほか、エスピーアイ・インフォメーション ウェブサイトにて通信販売も行っている。通信販売は、本体のほか送料が100円必要になる。

「アニメ産業レポート2012」は、産業統計が少ない、業界のビジネスの実態が掴み難いとされるアニメビジネスの環境を改善する目的で、日本動画協会が2009年より発刊している。アニメーション産業全体の市場規模、さらに分野ごとに細分化されたテレビアニメ、劇場アニメ、ビデオパッケージ、商品化等二次利用、配信、アニメ音楽市場などの規模と動向などをまとめる。
また、産業動向や海外の状況なども収録する。国内のアニメーション産業の全体を掴めるものとなっている。4年目を迎えることもあり、継続性という点でも年々史料価値が増している。

2012年版の大きな特徴は、アニメーションの市場をアニメ業界市場(狭義のアニメ市場)、アニメ産業市場(広義のアニメ市場)の2つ分けたことだ。映像そのものと、映像自体から広がり、より大きな周辺産業を持つアニメーションビジネスに配慮した。
また、世界の中の日本のアニメーションとして海外動向、アニメーション産業における東日本大震災の影響も取り上げる。これに日本のアニメ市場の推移や日本のアニメ業界・アニメ市場の近年の動向、日本のアニメの海外展開の資料が含まれる。
56ページで3000円の価格は学生などにはやや高く感じるかもしれないが、年刊のかたちをとるレポートとしてはかなり抑えられた価格だ。専門家だけでなく、広く手に取ってもらい、アニメーション産業への理解を深めて欲しいとの日本動画協会の考えも含まれていそうだ。

「アニメ産業レポート2012」
発行元: 一般社団法人日本動画協会  発行: 2012年9月
判型/頁数: A4/56P  価格: 3000円(税込)

[販売]  
通信販売:エスピーアイ・インフォメーション Webサイト
http://www.spi-information.com/report/06031.html
店頭販売: 東京アニメセンター オフィシャルショップ@akiba info.
(東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX2F)
※ 通信販売の場合は、送料として別途100円が必要。

「アニメ産業レポート2012」発刊 日本動画協会が1年間のデータを集計

《animeanime》

関連ニュース

特集

page top