薄さ9mm、重量約115g! 東芝、世界最小・最軽量をうたう容量500GBのポータブルHDD | RBB TODAY

薄さ9mm、重量約115g! 東芝、世界最小・最軽量をうたう容量500GBのポータブルHDD

IT・デジタル 周辺機器
製品イメージ
  • 製品イメージ
  • 「CANVIO SLIM」シルバー
  • 「CANVIO SLIM」ブラック
 東芝は24日、USB3.0に対応する、小型薄型設計のポータブルHDD「CANVIO SLIM」を発表した。販売開始は10月下旬。価格はオープンで、予想実売価格は12,000円前後。

 同製品は、本体サイズが幅75×高さ9×奥行き107mmで、重さが約115gのポータブルHDDで、2.5型HDDを搭載するポータブルHDDとしては世界最小・最軽量をうたう(2012年9月、同社調べ)。携帯性に優れ、Ultrabookやタブレットと組み合わせての使用を想定している。

 容量500GBモデルのみをラインアップし、高速なデータ移行が可能なUSB3.0に対応する。Mac OS Xに対応するドライバーソフト「NTFS for Mac」を搭載し、Windows用NTFSでフォーマットされたデータの読み書き込みが可能。また、ファンレス設計を採用し、静音性にも優れる。

 対応OSはWindows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.5~10.8(Mac OS XはIntel CPU搭載モデルのみ)。駆動方式はUSBバスパワー。付属品はUSB3.0ケーブルなど。カラーバリエーションはシルバー/ブラックの全2色を用意する。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top