日本マイクロソフト、「Microsoft Visual Studio 2012」を提供開始 | RBB TODAY

日本マイクロソフト、「Microsoft Visual Studio 2012」を提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Visual Studio 2012」紹介サイト
  • 「Visual Studio 2012」紹介サイト
  • Visual Studio 2012の製品体系と参考価格(税抜)
 日本マイクロソフトは13日、最新の統合開発環境ツール「Microsoft Visual Studio 2012」の提供を開始したことを発表した。9月よりボリュームライセンスの販売を開始し、21日よりパッケージ製品の販売を開始する。

 「Visual Studio 2012」は、最新OSであるWindows 8やWindows Server 2012から、クラウドプラットフォームであるWindows Azureまで、多種多様なWindowsプラットフォームやデバイス向けのアプリケーション開発をサポートする統合開発環境。なお、最新の開発プラットフォームである「.NET Framework 4.5」の提供もあわせて開始された。

 最新版では、多様なアプリケーションの開発において高い品質と生産性を実現するアプリケーション ライフサイクル管理(ALM)ツールとしても機能強化が行われている。また最新のHTML5やCSS3標準をサポートしたIntelliSense、ページ インスペクターによるWebページのデバックといった新機能を搭載した。無駄を省いて開発に注力できる環境として、アイコンのシンプル化など、最低限のスタイルに抑えられたユーザー インターフェイスが採用された。

 また、新機能「ストーリー ボーディング」「チーム エクスプローラー」などアジャイル開発などのチーム開発全体を支援する機能も強化された。これにより、少人数での開発からミッションクリティカルのシステムを開発する大規模プロジェクトまで幅広く対応する。

 日本マイクロソフトでは、Visual Studio 2012の発売を記念して、9月30日までに製品を購入し、10月15日までにキャンペーンに応募すると、アジャイル開発向けの書籍を抽選でプレゼントするキャンペーンを実施している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top