日本HP、DSPで高速描画可能なクライアント仮想化端末「HP t410 Smart Zero Client」発売 | RBB TODAY

日本HP、DSPで高速描画可能なクライアント仮想化端末「HP t410 Smart Zero Client」発売

エンタープライズ ハードウェア
「HP t410 Smart Zero Client」
  • 「HP t410 Smart Zero Client」
  • フルHDでの2画面出力に対応
  • HP t410 SoC(System on Chip)構成
  • HP Smart Zero Client Serviceによるt410の設定自動化
 日本ヒューレット・パッカードは23日、画面転送処理専用チップ(DSP)を搭載し、高速な転送画面描写を実現した、手のひらサイズのコンパクトなゼロクライアント「HP t410 Smart Zero Client」の販売を開始した。

 「t410」は、Citrix ICA、RDP7.1、Microsoft Remote FX、VMware PCoIP(Teradici PCoIP対応モデルのみ)など主要な画面転送プロトコルをサポートし、あらゆるクライアント仮想化ソリューションに対応する専用端末となっている。従来CPUで処理していた画面転送プロトコルを、専用のプロセッサー(DSP)「Texas Instruments TMS320DM8148」で行うことにより、高速な描画を実現するとともに、フルHDでの2画面出力に対応した。

 映像出力端子としてはDisplayPortとVGAの2ポートを備える。筐体はVESA規格に準拠しており、モニターの背面に取り付けることも可能。起動と同時にWebサーバー(IIS)に格納された設定情報を読み込み、クライアント仮想化環境に接続できる「HP Smart Zero Client Service」に対応。端末に対しての設定が不要となっている。t410の価格は、通常モデルが税抜24,800円、Teradici PCoIP対応モデルが税抜29,800円。

 あわせて、仮想環境におけるネットワークの品質を改善し、快適なレスポンスを実現するソフトウェア「HP Velocity」が発表された。「HP Velocity」は、パケットロスや輻輳(ふくそう)、ジッター(ゆらぎ)などの問題を改善し、ネットワークの品質を改善するソフトウェア。「HP Velocity」では、パケットを複数のセグメントに分割して送信し、分割したセグメントの1つがロスしても最初のデータを回復することが可能。特に画面転送や動画再生、音声会議、ストリーミングなど、リアルタイム性が求められるアプリケーションの利用時に効果を発揮し、今回発表の「t410」をはじめ、HPシンクライアントシリーズに無償でプリインストールされる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top