富士通、Webフロントアプリケーション構築基盤「Interstage Interaction Manager V10」新発売 | RBB TODAY

富士通、Webフロントアプリケーション構築基盤「Interstage Interaction Manager V10」新発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

スマートデバイスのポータル画面例
  • スマートデバイスのポータル画面例
  • オートパイロットによる自動操作に対応
  • 販売価格、出荷時期、動作環境
 富士通は26日、スマートデバイスでエンタープライズポータルを利用できるよう機能強化したWebフロントアプリケーション構築基盤「Interstage Interaction Manager V10」の販売を開始した。8月下旬より出荷を開始する。

 「Interstage Interaction Manager V10」は、複数の業務システムを一つの画面で同時に表示する企業ポータルを簡単に作成できる製品。最新版では、スマートデバイス向けの企業ポータルも作成可能となった。本製品で統合した企業ポータルは、Android、iOS搭載のスマートデバイスでも利用可能。

 また、1回のログイン操作だけで複数の業務システムにアクセスできるシングルサインオン機能、ログイン後に各システムへの入力や画面選択などの操作を自動実行、目的の画面をダイレクトに表示できる機能を、独自技術により実現した。これにより、クラウド上にあるシステムを含めた複数の業務システムに一回のログイン操作でアクセス可能になるとのこと。

 さらに「スマートセットアップ」により、業務でよく使う、入力と画面を遷移する操作を一度実行すると、その実行手順を自動的に記録してポータルに組み込める部品にすることも可能とのこと。販売価格は、プロセッサライセンスが260万円より、ユーザ数従量ライセンスが45万円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top