日本HP、ガラス&金属ボディが美しいUltrabookに第3世代Core搭載モデル | RBB TODAY

日本HP、ガラス&金属ボディが美しいUltrabookに第3世代Core搭載モデル

IT・デジタル ノートPC

「HP ENVY14-3100 SPECTRE」のイメージ画像
  • 「HP ENVY14-3100 SPECTRE」のイメージ画像
  • ガラス&金属ボディが美しい本体
  • タイプミスを防ぐ浮き石型キーのデザインのキー
  • 20mmのスリムな側面とインターフェース
 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は25日、第3世代Coreプロセッサー搭載の14型液晶Ultrabook(ウルトラブック)「HP ENVY14-3100 SPECTRE」を発表した。

 直販モデルと量販店モデルをラインアップ。直販モデルは販売開始が25日、価格が164,850円~。量販店モデルは販売開始が27日、価格がオープンで、予想実売価格が150,000円前後。

 「HP ENVY14 SPECTRE(スペクトル)」は14型液晶Ultrabook。すでに「HP ENVY14-3000 SPECTREを発売しているが、今回発表の「ENVY14-3100」はCPUにインテル最新の第3世代Coreプロセッサー・ファミリー(開発名:Ivy Bridge)を採用した。直販モデルはCore i7-3667U(2コア/2~3.2GHz)、量販店モデルではCore i5-3317U(2コア/1.7~2.6GHz)を搭載する。

 「HP ENVY14 SPECTRE」は、13型液晶クラスのボディサイズに14型液晶ディスプレイを搭載。筺体の素材に堅牢な金属と傷がつきにくいガラスを採用し、“強さと美しさ”の両立をうたう。キーボードは3段階の明るさ調整が可能なLEDバックライト付きで、タイプミスを防ぐ浮き石型キーのデザインとした。

 本体サイズの高さは20mmのスリムボディ(ゴム足部含む23mm)で、幅は327mm、奥行きは221mm。重さは約1.79kg。ストレージにSSDを採用するなどスタミナバッテリ駆動とし、駆動時間は直販モデルが約9時間45分、量販店モデルが約9時間30分となる。SSD容量は、直販モデルが256GB、量販店モデルが128GB。

 液晶解像度は1,600×900ピクセル、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1、メモリは8GB、ワイヤレスは802.11a/b/g/nとBluetooth4.0、インターフェースはHDMI/ミニDisplayPort/USB3.0/USB2.0(USBはともに電源OFF時USB充電対応)/マイク/ヘッドホン/2in1メディアスロットなど。付属品はスリムACアダプタ/ウォールマウントプラグ/電源コード/専用スリーブケースなど。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top