Evernoteと双方向で編集可能! iPhone用名刺管理アプリ「Cardful」 | RBB TODAY

Evernoteと双方向で編集可能! iPhone用名刺管理アプリ「Cardful」

ブロードバンド その他

画像補正も自動
  • 画像補正も自動
  • 双方向で編集可能
  • 大量の名刺を読み込む際は、Evernoteからが便利
  • カレンダーから特定の日に会った人の名刺を検索可能
  • 連絡先に登録
 ソースネクストは19日、「Evernote」と双方向で情報編集が可能な名刺管理iPhoneアプリ「Cardful」(カードフル)を9月からAppStpreにて無料で配付すると発表した。同アプリケーションは、Evernote社主催の開発者コンテスト「Evernote Devcup」に参加しているという。

 「Cardful」では、名刺データはすべてクラウドサービスのEvernoteに自動でアップロードでき、iPhoneの容量を気にする必要がない。オムロン製名刺用文字認識機能(OCR)を搭載しており、名刺登録時に自動的に文字認識をかけるため、正確に登録が可能。登録された名刺は、アプリからでも、Evernoteからでも編集可能となっており、iPhoneで名刺登録をしておき、パソコンから編集するなど、シーンに応じた使い分けができる。

 また、大量の名刺を一気に登録したい際には、MacやWindowsパソコンにスキャナを利用して名刺を取り込み、Evernoteに名刺画像やデータをアップロードすると、アプリにも自動で同期される。名刺データは、名前や会社名、メモ、名刺画像上の文字などから全文検索でき、iPhoneのカレンダー、Facebook上のイベントを選択し、それ以降に貰った名刺を表示することも可能。カレンダーに登録してある特定のイベントで会った人の名刺を検索することもできる。そのほか、iPhoneの「連絡先」への登録すれば、名刺に登録されたデータをタップするだけで、電話やメールをしたり、地図を開いたり、webページを閲覧することが可能になる。

 価格は無料だが、名刺の読み込みは初月30枚、2ヵ月目以降は月あたり10枚と制限付き。1,200円でアップグレードすれば制限無しで利用できる。対応OSはiOS 5.0以降。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top