日立/シマンテック/CTC、業務を自動的に再開できるディザスタリカバリを提供開始 | RBB TODAY

日立/シマンテック/CTC、業務を自動的に再開できるディザスタリカバリを提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ソリューションの概要
  • ソリューションの概要
  • 日立「Hitachi Unified Storage 100シリーズ」
  • 自動復旧にかかる時間
 日立製作所、シマンテック、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は6日、ユーザーの追加作業の必要なくシステムを復旧し、業務を自動的に再開できるディザスタリカバリソリューションの提供を開始した。

 このソリューションは、日立とシマンテックの製品を組み合わせ、CTCも加え、3社共同でシステム検証を行ったもの。販売はBCP(事業継続計画)/ディザスタリカバリソリューションで販売実績を持つCTCが担当する。VMware社のサーバ仮想化ソフトウェア「VMware vSphere 5」によるサーバ仮想化環境下において、「VMware vCenter Site Recovery Manager 5」(SRM)と日立のユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage 100シリーズ」(HUS 100シリーズ)、シマンテックのソフトウェア「Symantec ApplicationHA」(ApplicationHA)を組み合わせた構成となっている。

 通常、リモートサイトの仮想マシン上にアプリケーションを復旧するためには、管理者によるアプリケーションの稼働確認や再立ち上げといった追加作業が必要となる。本ソリューションでは、仮想マシンの復旧処理に、「HUS 100シリーズ」の提供するリモートレプリケーション機能によるデータのミラーリング処理、並びに「ApplicationHA」による仮想マシン上のアプリケーション稼働状況の監視・制御処理を連携することで、復旧プロセスを自動化させた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top