NEC、重さ875gで世界最軽量となる13.3型Ultrabook「LaVie Z」をついに発表! | RBB TODAY

NEC、重さ875gで世界最軽量となる13.3型Ultrabook「LaVie Z」をついに発表!

IT・デジタル ノートPC

「LaVie Z」
  • 「LaVie Z」
  • 側面
  • 背面
  • 軽さを表現したイメージ
 NECパーソナルコンピュータは3日、世界で初めてマグネシウムリチウム合金を筺体に採用した、軽量な13.3型Ultrabook「LaVie Z」を発表。販売開始は8月中旬。価格はオープン。

 ラインアップと予想実売価格は、上位モデルの「LZ750/HS」が165,000円前後、スタンダードモデルの「LZ550/HS」が135,000円前後。

 同製品は、アルミニウム合金の約50%、マグネシウム合金の約75%相当の軽い比重と、高い剛性を兼ね備えるマグネシウムリチウム合金を底面の素材に採用した13.3型Ultrabook。重さは約875gでUltrabookとしては世界最軽量をうたっている(2012年7月、同社調べ)。

 さらに最厚部でも14.9mmと、国内販売の13.3型ノートPCとしては国内最薄をうたう(2012年7月、同社調べ)。液晶の解像度は最大1,600×900ピクセル。なお、付属のACアダプタも約18.5mmの薄型設計となっている。

 上位モデルとスタンダードモデルのおもな違いはCPU/ストレージで、「LZ750/HS」がCore i7-3517U(1.9GHz)/容量256GBのSSDを搭載、「LZ550/HS」がCore i5-3317U(1.7GHz)/容量128GBのSSDを搭載する。バッテリの連続駆動時間は約8.1時間で、1時間の充電で約80%の急速充電を可能としている。

 共通のおもな仕様として、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版 SP1。メモリは4GB。ワイヤレスは802.11a/b/g/nとBluetooth 4.0。インターフェースはHDMI/USB3.0/USB/ステレオミニ/ヘッドホン/カードスロットなど。本体サイズは幅313×高さ14.9×奥行き209mm。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top