スティック型でどこにでも持ち歩けるパソコンが登場! デュアルコアCPUを搭載 | RBB TODAY

スティック型でどこにでも持ち歩けるパソコンが登場! デュアルコアCPUを搭載

 サンコーは26日、HDMI接続で使用できるスティック型の小型Android搭載パソコン「Androidスティック with DUALCORE」の販売を開始した。価格は9980円。

IT・デジタル デスクトップPC
「Androidスティック with DUALCORE」
  • 「Androidスティック with DUALCORE」
  • 側面
  • HDMI端子を備える
  • ディスプレイに直接HDMI接続して使用可能
  • 付属品など
  • 液晶テレビでも使用できる
 サンコーは26日、HDMI接続で使用できるスティック型の小型Android搭載パソコン「Androidスティック with DUALCORE」の販売を開始した。価格は9,980円。

 同製品はディスプレイや液晶テレビに直接HDMI接続することで使用できる手のひらサイズのパソコン。本体サイズは幅98×高さ10×奥行き42mm、重さ39gで、出張先や旅行先に持ち運んでの使用などを想定している。

 OSはAndroid 2.3で、小型ながらCPUはデュアルコアのCortex-A9(1.06GHz)を搭載する。メモリは512MBで、約4GBのストレージを内蔵する。また、最大32GBのmicroSDカードに対応する。さらに、無線LAN機能を備え、ネットやキーボードなどの周辺機器と接続できる。駆動方式はUSBバスパワーを採用。

 付属品はUSB-AC給電器(USBケーブル付き)/HDMIケーブル/など。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top