NEC、省エネ オフィスサービス「エネパルOffice」「エネパルPCパック」を強化 | RBB TODAY

NEC、省エネ オフィスサービス「エネパルOffice」「エネパルPCパック」を強化

エンタープライズ ハードウェア

画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 価格および提供時期、販売目標
  • エネパルOffice強化概要
  • エネパルPCイントラパック概要
 日本電気(NEC)およびNECフィールディングは22日、オフィスの節電対策を支援する省エネオフィスサービス「エネパルOffice」および「エネパルPCパック」を強化し、販売を開始した。

 「エネパル Office」は、オフィスや店舗の分電盤において電力センサーを利用して、空調機器、照明機器、およびコンセントに接続した機器の消費電力量を見える化し、省エネに向けた約600種類のアドバイスを管理者のパソコン画面に表示するサービス。今回、「省エネ自動制御機能」を追加し、あらかじめ設定した条件に基づき、空調機器や照明機器などの省エネ自動制御を実現した。具体的には、30分~45分後の消費電力を予測し、設定した閾値を超える前に、機器の自動ON/OFF制御が可能となっている。空調機器の温度制御も可能。さらに、NECの環境パフォーマンス管理システム「GreenGlobeX」と連携することで、エネルギー、水、廃棄物、GHG(温室効果ガス)管理などに加えて、オフィスの消費電力量についても、環境パフォーマンス指標として一元管理が可能となった。

 一方「エネパルPCパック」は、オフィスの1人1人のパソコンの消費電力量を見える化するとともに、利用者の行動パターンを学習してパソコンの消費電力を自律的に制御する。現在約10万台のパソコンへの導入実績があるとのこと。今回、従来のクラウドサービスでの利用に加え、イントラネット環境での利用が可能な「エネパルPCイントラパック」を新たに提供する。エネパルPCのサーバ環境を自社内のサーバに構築することにより、セキュリティポリシーに合わせた多様なシステム提供を実現した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top