イメーション、低音増幅技術を搭載した薄型テレビ用スピーカーを夏より販売開始 | RBB TODAY

イメーション、低音増幅技術を搭載した薄型テレビ用スピーカーを夏より販売開始

 イメーションは14日、TDK Life on Recordブランドの薄型テレビ用スピーカーを今年夏より販売開始すると発表した。価格はオープン。

IT・デジタル テレビ
「SP-XATV1000BK」
  • 「SP-XATV1000BK」
  • 「SP-XATV900BK」
  • 2機種のサイズ比較
 イメーションは14日、TDK Life on Recordブランドの薄型テレビスピーカーを今年夏より販売開始すると発表した。価格はオープン。

 予想実売価格は、37型用「SP-XATV1000BK」が9,800円、32型用「SP-XATV900BK」が8,800円。

 両製品はACアダプタとヘッドホン端子のみの接続で使用できる薄型液晶テレビ用のスピーカー。左右のスピーカーから発する低音波をボディの中央で増幅させる独自技術「センターフォース・バスシステム」を搭載し、力強く厚みのある音場再現が可能だという。

 6.5cmフルレンジスピーカーを左右に2機搭載し、最大出力は20W(10W×2)。キャビネットは空気をふるわす特性が高いウッドキャビネットを採用している。

 再生するコンテンツに合わせて、幅広い音に対応する「スタンダード」、映画館のような臨場感を演出する「シネマモード」、声音を聴き取りやすくする「ボイスモード」の3つのサウンドモードに切り替えが可能。

 インターフェースは3.5mmステレオミニ。本体サイズ/重さは、「SP-XATV1000BK」が幅901×高さ67×奥行き84mm/約2.6kg、「SP-XATV900BK」が幅771×高さ67×奥行き84mm/2.3kg。付属品はACアダプタ/オーディオケーブルなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top