日本IBM、テクニカル・コンピューティング分野を強化……ビッグデータの高度な分析に活用 | RBB TODAY

日本IBM、テクニカル・コンピューティング分野を強化……ビッグデータの高度な分析に活用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

IBM System x iDataPlex dx360 M4
  • IBM System x iDataPlex dx360 M4
  • 「テクニカル・コンピューティング」製品の内訳
 日本IBMは12日、「テクニカル・コンピューティング」の分野を強化し、「IBM Technical Computing」製品群として、Platform Computing社のソフトウェアをはじめとする製品群を発表した。6月15日から順次出荷する。

 IBM Technical Computing製品群は、スーパーコンピュータの領域で利用されていた技術を一般の企業でも活用できるようにし、ビッグデータの高度な分析など、大量のコンピュータ資源や複雑な処理を必要とする業務の効率化や、資源の有効活用を実現するもの。2012年1月に買収完了したPlatform Computing社のソフトウェアと、ハイ・パフォーマンス・コンピューティング技術の機能を拡張した、従来のIBMハードウェアとソフトウェアで構成されたものとなっている。

 具体的には、「IBM Platform LSF family」「IBM Platform Symphony family」「IBM Platform Cluster Manager」などのシステムソフトウェア、ストレージ製品「IBM DCS3700 Enhancements」、サーバ製品「IBM System x iDataPlex dx360 M4」などとなっている。

 「IBM Platform LSF」は、複雑なアプリケーションのワークロードを管理するソフトウェア。「IBM Platform Symphony」は、多数のコンピュータを接続して分散処理をさせるグリッド環境において、高速処理を実現するソフトウェア。ビッグデータにも対応できるHadoopを採用して機能を拡張した。「IBM Platform Cluster Manager」は、ハイ・パフォーマンス・コンピューティング(HPC)環境におけるクラスタの管理をするソフトウェア。「IBM System x iDataPlex dx360 M4」は、1台のラックに稼働可能なサーバの集積率が高く、きわめて高速な演算処理を可能にする技術「GPGPU」を搭載可能なサーバなど。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top