キヤノン、動画撮影に適する静音AFが可能なズームレンズ2機種……最薄パンケーキレンズも | RBB TODAY

キヤノン、動画撮影に適する静音AFが可能なズームレンズ2機種……最薄パンケーキレンズも

IT・デジタル デジカメ

「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」
  • 「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」
  • 「EF40mm F2.8 STM」
 キヤノンは、デジタル一眼レフカメラ用交換レンズ「EFレンズ」シリーズより、高倍率ズームレンズ「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」と、単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM」を発表。販売開始は6月下旬。

 希望小売価格は「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」が71,400円、「EF40mm F2.8 STM」が24,150円。

 「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」は35mm判換算で28.8~216mmの焦点距離を持つ高倍率ズームレンズ。シャター速度換算4段分の手ブレ補正機構と、移動しながらの撮影に有効な「ダイナミックIS(動画撮影モード時のみ有効)」を搭載する。本体サイズは径76.6×高さ96mm。

 新開発の6群ズームと、ステッピングモーターを搭載したフォーカス機構により、静音性の高い「動画サーボAF」を可能とし、動画撮影に適している。最大撮影倍率は0.28倍。最短撮影距離は0.39m。

 「EF40mm F2.8 STM」は厚さ22.8mm、重さ約130gで「EFレンズ」シリーズでは、最薄・最軽量となる単焦点レンズ。「EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM」と同様にステッピングモーターを採用し、動画撮影に適するという。最大撮影倍率は0.18倍。最短撮影距離は0.3m。本体サイズは径68.2×高さ22.8mm。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top