ソニー、世界遺産を楽しむタイムシフトUI搭載アプリ『“α”CLOCK for Mobile』公開 | RBB TODAY

ソニー、世界遺産を楽しむタイムシフトUI搭載アプリ『“α”CLOCK for Mobile』公開

エンタープライズ モバイルBIZ

他の時間帯に撮影された定点写真を表示可能
  • 他の時間帯に撮影された定点写真を表示可能
  • ダウンロードしたコンテンツの中から日替わりでランダム表示も可能
  • ホーム画面の壁紙表示にも対応
  • 「α CLOCK」サイト
 ソニーは31日、デジタル一眼カメラ“α”シリーズで定点撮影した世界遺産の写真を鑑賞できるスマートフォン向けAndroidアプリケーション『“α”CLOCK for Mobile』を公開した。Google Playより無償ダウンロードが可能。

 「“α”CLOCK for Mobile」は、ソニーが開発した“タイムシフトUI”を搭載したアプリ。“タイムシフトUI”は、時刻表示部分をタッチして上下にスライドさせることで、その時間帯に撮影された写真を表示させる、ソニー独自のユーザーインターフェイス技術だ。アプリケーション起動後に表示される画面上にある時間をタッチして下にスライドすると、タイムシフトモードに移行し、他の時間帯に撮影された世界遺産の写真を鑑賞できる。画面上で写真を左右にスライドさせることで全景を鑑賞できる。

 世界遺産としては、フランスの「モン・サン=ミシェル」のコンテンツをアプリケーションプログラムにプリインストール。そのほか、トルコのイスタンブール歴史地区、中国の黄山、ベトナムのハロン湾、日本の小笠原諸島がダウンロード可能となっている。今後は、約2週間おきにコンテンツを新たに追加し、合計40以上のコンテンツが提供される予定。ダウンロードしたコンテンツのなかから、日替わりでランダム表示する機能も搭載している。

 またアプリケーションの設定画面で壁紙の切り替え機能をオンにすると、画面に表示されているコンテンツが、自動的にAndroid端末のホーム画面に転送され、壁紙として表示される。壁紙は時刻に連動して一日12回変化し、朝から夜までの世界遺産の定点写真が自動的に表示される。

 タブレットを除く、画面解像度480×854ピクセル または720×1280ピクセル のAndroid2.2以上の端末および“ウォークマン”Zシリーズで利用可能。コンテンツはHD解像度に対応しており、ソニーモバイルコミュニケーションズのXperia NXやXperia acro HDなどのHD解像度のディスプレイを搭載した端末では、コンテンツをより高精細に表示できる。

 なおアプリケーションのオプションメニューには、Wikipedia、Twitter、Facebookなど各種オンラインサービスとの連携機能があり、関連情報を閲覧したり、TwitterやFacebookにコメントを投稿できる。さらに、コメントを投稿するごとに選択中の世界遺産に対応した特典コンテンツが手に入る「コレクションアルバム機能」が用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top