パナソニック、無線LAN機能を搭載した液晶テレビ「ビエラ」に32型・23型・19型 | RBB TODAY

パナソニック、無線LAN機能を搭載した液晶テレビ「ビエラ」に32型・23型・19型

IT・デジタル テレビ

「X50」シリーズ
  • 「X50」シリーズ
  • 「お部屋ジャンプリンク」のイメージ
 パナソニックは、液晶テレビVIERA(ビエラ)」より、無線LANユニットを内蔵する「X50」シリーズ3機種を発表した。販売開始は6月下旬。価格はオープン。

 予想実売価格は、32型「TH-L32X50」が76,000円前後、23型「TH-L23X50」が60,000円前後、19型「TH-L19X50」48,000円前後。

 「X50」シリーズは、802.11a/b/g/nに準拠する無線LANユニットを内蔵する液晶テレビ。また、家庭内に無線LAN環境がない場合でも、Wi-Fi機能を搭載するレコーダー「ディーガ」とワイヤレス接続して録画した番組を視聴できる「お部屋ジャンプリンク」を利用可能。

 無線LANを経由してインターネットに接続することで、好みのアプリを追加して機能を拡張できる「ビエラ・コネクト」を利用可能。さらに、民放キー局5局の番組をWeb経由で視聴できるVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「もっとTV」に対応し、見逃した番組の視聴も可能。また、スマートフォンに保存した、静止画や動画の視聴、リモコン操作など、スマートフォンとの連携機能も充実している。

 IPSパネルとLEDバックライトを採用することで、高品質な映像と省電力を両立したという。視聴しているシーンに応じて、LEDバックライトの光量を画面を分割して自動制御する「コントラストAI機能」を搭載し、引き締まった映像表現が可能だとする。

 インターフェースはHDMI×3/D4/光デジタル音声/ヘッドホン/USB×2/LANなど。スタンドを含む本体サイズ/重さは、「TH-L32X50」が幅76.1×高さ51.7×奥行き19.5cm/約9.5kg、「TH-L23X50」が幅57.3×高さ40.3×奥行き18.7cm/約6kg、「TH-L19X50」が幅46.9×高さ34.6×奥行き16.3cm/約4.5kg。付属品はスタンド/リモコン/電源コードなど。
《丸山 朋之》

関連ニュース

特集

page top