日立、東京大学との超高速DBエンジンの共同研究開発成果を製品化 | RBB TODAY

日立、東京大学との超高速DBエンジンの共同研究開発成果を製品化

エンタープライズ ハードウェア

Hitachi Advanced Data Binderプラットフォームの概要
  • Hitachi Advanced Data Binderプラットフォームの概要
  • 日立アドバンストサーバ「HA8000/RS440」
 日立製作所は28日、国の研究開発プログラムである「最先端研究開発支援プログラム」において、東京大学との共同で推進している、超高速データベースエンジンの研究開発成果を製品化することを発表した。

 日立は、ハードウェア性能を最大限に引き出す超高速データベースエンジンの研究開発を東大と共同で推進しており、最終的な目標として、2013年度中に従来型データベースエンジン比で800倍程度のデータ検索性能達成をめざしている。今回は、これまでの研究開発成果を反映し、従来比で約100倍のデータ検索性能を発揮するデータベースエンジンを製品化する。

 本データベースエンジンと、高信頼・高性能な日立のサーバおよびストレージ製品とを組み合わせた事前検証済みのベストプラクティスモデルを、ビッグデータ利活用におけるデータの検索および分析を高速に行う高速データアクセス基盤として製品化し提供する。第一弾として、超高速データベースエンジンおよび、日立アドバンストサーバ「HA8000シリーズ」と、SSDを搭載した日立のストレージ製品とを組み合わせた構成の「Hitachi Advanced Data Binderプラットフォーム」を6月7日から販売開始する。出荷時期は6月29日で価格は個別見積もり。

 超高速データベースエンジンは、データ入出力要求の発生順序とは無関係な順序で非同期にデータを処理する「非順序型実行原理」に基づき、データ入出力を処理。これによりサーバのマルチコアプロセッサおよびストレージシステムの利用効率を最大限に高めることができるという。また、標準SQLに対応することで既存の分析ノウハウも活用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top